千畳敷カールは天空の楽園

千畳敷カール

千畳敷カール は登山客と一般観光客とが混在した一大観光地となっています。

駒ケ岳ロープウエイの終点駅 標高2612mは日本で最も標高の高いところに位置する駅です。宝剣岳(2931m)直下の山肌に架けられたわが国最初の山岳ロープウエイです。

しらび平駅から高低差950mをわずか7分30秒で一気に終点まで上り詰めます。

従って気温差も6℃から8℃くらいあります。


服装に注意が必要です

普通の平地での観光地のつもりで多くの観光客が登ってきます。折角の絶景が寒くて居られなくて駅に駆け込んだり、ロープウエイですぐに折り返す人も多いところです。

なにしろスカートにハイヒール、スーツに革靴という人もいるくらいですから。

ここは中央アルプスの真っ只中の高山であることを十分に意識して、山行きの装備、服装で、トレッキングに行くつもりで準備しなければなりません。


千畳敷カールは高山植物の宝庫です

カール内にはよく整備された遊歩道があります。多少上がったり下がったりしますが、無理なく歩くことができます。40分から1時間で一周できます。千畳敷駅をスタートして千畳敷駅に戻るコースです。ロープが張られている中を歩きましょう。遊歩道の周りは高山植物が溢れています。マニアには羨望の場所です。

150種類ほどの高山植物が生育しており、厳しく保護されています。夏に咲く花が多く時間を忘れて夢中にさせてくれます。但しロープや柵の中には絶対はいらないようにしましょう。エナノキンバイ、ミヤマクロユリ、ヒメウスユキソウ、チングルマ、など可憐な花が咲いています。


千畳敷カールは登山の基地です

千畳敷カールを基点とする中央アルプス登山の基地でもあります。2つの大きなルートがここ千畳敷をスタート地点としています。

1つは大人気の木曽駒ケ岳縦走コースです。

千畳敷駅から遊歩道を経て八丁坂、いきなり急登すると稜線の乗越浄土、中岳、木曽駒ケ岳(2956m)に至るコースで、帰りはまた千畳敷駅まで戻ります。行動時間は往復で3時間半から4時間くらいでしょう。登山初級クラスといえます。

但し眼前に宝剣岳(2931m)の威容が見えています。鋭い岩峰が見えます。ここを登らない手はないと思いますが、天候次第です。風が穏やかで、天気が良ければ、初心者でも登れます。天候が悪ければあきらめてください。一挙に危険な山に変わります。

もう1つは空木岳(うつきだけ)縦走コースです。

千畳敷から極楽平を経て、檜尾岳、熊沢岳(2778m)、空木岳(2864m)に至るコースです。

しかしこのコースは初心者向けではありません。上級者向けです。縦走中に天候が崩れたり強風が吹いたりしますと、非常に厳しいコースとなります。遭難も有り得ます。

空木岳へは別に池山尾根登山ルートがあります。こちらは初心者でも登れます。


千畳敷カールへのアクセス

車の場合は中央道駒ヶ根ICから案内板に従って菅の台バスセンターへ、5分くらいです。

菅の台バスセンターに車を置いてシャトルバスに乗り換えます。駐車場は310台収容、600円/日です。バスはたくさん出ています。ロープウエイの発着駅しらび平駅まで30分(820円)しらび平駅からロープウエイで千畳敷駅まで往復2260円(片道1210円)。

電車の場合はJR駒ヶ根駅から路線バスで直接しらび平まで行きます。45分かかり1030円です。


今回のまとめ

千畳敷カールは天空の楽園
服装に注意が必要です
千畳敷カールは高山植物の宝庫です
千畳敷カールは登山の基地です
千畳敷カールへのアクセス

スポンサーリンク