食べたら超美味!高級魚アコウ(キジハタ)の仕掛けとつり方

食べたら超美味!高級魚アコウ(キジハタ)の仕掛けとつり方

 akou

アコウ(キジハタ)は高級魚というイメージがあると思いますが、意外と手軽に釣りで狙えるターゲットです。

  アコウは日本では青森県より南の広い範囲の海に生息しており、どちらかというと日本海側に多く生息しています。体全体に瞳大くらいの斑点があって、背びれの根元中央には黒い斑点があります。大きさは最大で60cmになりますが、よく釣れるのは20〜30cmの大きさです。

食べてもとても美味しい魚なので、最近では特に人気の釣りターゲットとなっています。


 アコウの釣り方

アコウの釣り方は餌釣りやルアー釣りなど様々です。それぞれの釣り方について、ご紹介していきましょう。

餌釣り

アコウの餌釣りの場合、餌は主にカニやイワムシ、モエビなどになります。釣具屋さんで売っているので、わからなければ店員さんに聞いてみましょう。

タックルは2m~3mほどの投げ竿やバスロッドで、それなりに硬いロッドが良いでしょう。スピニングタックル、ベイトタックルのどちらでも良いですが、初心者の方はトラブルの少ないスピニングタックルをおすすめします。

道糸はナイロンラインの4号くらいのかなり太めのラインが良いです。アコウは根にもぐる力が強いので、強引に引き上げる必要があります。

仕掛けは最も手軽で簡単なのは、ブラクリと呼ばれる仕掛けです。アイナメやカサゴの穴釣り用に販売されており、1セット数百円で購入可能です。それをミチイトであるリールのラインに結ぶだけで大丈夫です。 

ルアー釣り

タックルは餌釣りと同様、固めの投げ釣り用あるいはバスタックルが良いでしょう。リールもスピニングタックル、スピニングがうまく使えるようになった方はベイトタックルに挑戦してみるのもいいかもしれません。

ラインはナイロンラインなら8〜14ポンド程度、PEラインなら0.8〜1号程度のものが良いでしょう。PEラインを使用する際は、リーダーとして、ナイロンラインもしくはフロロカーボンライン 16ポンド程度をPEラインの先端に1mほど結んでください。

ルアーは主にワームを使います。狙うアコウのサイズに合わせて、フックとワームのサイズを調整しましょう。

また、アコウは他のロックフィッシュに比べて、遊泳性が高いのも特徴です。穴にワームを落とす釣り方以外でも、バイブレーションやジグを遠くへキャストし、広範囲を探るという釣り方も可能です。


アコウの釣れるポイント

アコウは船釣りでも狙う魚ですが、今回は初心者の方にも手軽に楽しめる岸釣りでのポイントをご紹介します。

 テトラの穴

ロックフィッシュと言ったら、テトラというくらい代表的なポイントです。漁港などの外海側にテトラがたくさんあると思いますので、その穴にそっとワームやブラクリを落としてみてください。穴にアコウがいればすぐに食いついてきます。

ただ、足場の高いテトラやテトラのサイズが大きく、足場が極端の悪いテトラでの無理な釣りはしないでください。もちろん万が一のことを考えて、膨張式のライフジャケットの着用をしてください。

磯場

特に砂地と岩場が混在しているような磯場は、アコウ釣りにうってつけです。このような場所では、岩場周りだけではなく、やや沖の砂地と岩場の境目なんかも狙うと、餌を探してウロウロしているアコウがヒットすることもよくあります。バイブレーションなどのハードルアーなども駆使して、大物を狙いましょう。

 いかがでしたでしょうか。意外とタックルもシンプルで身近なところで出来るアコウ釣り。アコウを狙っていると、アイナメやメバルなど、同じフィールドに住むいろいろな他魚種も釣れることがあるのもこの釣りの面白いところです。高級魚アコウを釣って、家族や友達をピックリさせてみてはいかがでしょうか?


まとめ

食べたら超美味!高級魚アコウの仕掛けとつり方
アコウの釣り方
アコウの釣れるポイント

スポンサーリンク