鮎釣りに必要な道具と釣り方

鮎釣りに必要な道具と釣り方

渓流釣りの中でも、もっとも難しいといわれているのが、鮎釣り ですよね。

鮎は食べると本当に美味しいですが、釣るのは至難の技です。

有名な釣り方は『友釣り』ですが、今回は友釣り毛針釣りの2つをご紹介いたします。


鮎の釣れる時期

鮎を釣っていい時期は、6月の初旬の解禁後から、禁漁となる10月初旬頃までですが、河川によって解禁日が異なるため、それぞれの河川ごとに確認することが必要です。

また、河川によっては入漁券が必要となりますので、十分注意して下さい。

一般的に、一番釣れる時期は解禁後すぐで、9月以降は晩年の時期を迎えるため、釣りをするには難しい時期といわれています。


鮎の生態

鮎の一生は1年という短い期間です。

川の下流で生まれた赤ちゃんは、すぐに海に向かい、沖合に出ます。

その後、河口付近に集まり、川に戻っていくのです。

この遡上の時期が3月から5月頃と言われており、6月以降は石などについている藻を食べて成長します。

成長した鮎は釣り人のターゲットとなり、釣り人から逃れた鮎たちが10月以降に産卵をはじめ、産卵後に一生を終えます。


必要な道具

<友釣り>

鮎の友釣りに必要な道具は以下の通りです。

・釣竿

10mほどあると良いでしょう。

・素ダモと呼ばれる一般的に使われることが多いタモで十分です。

・引舟

 釣った鮎を保管する目的と、友釣りに使う『オトリ鮎』を弱らせないために使う道具です。

・鮎ベルト

 引舟やタモなどを付けておく専用のベルトです。

・仕掛け

 天井糸や空中糸、水中糸、つまみ糸の順に糸をつけ、水中糸の中に目印を付けます。

 つまみ糸からオトリ鮎をつけ、掛け鈎と呼ばれる針を付けます。

 仕掛けは鮎釣りをするうえで一番のポイントとなります。

 上級者向けの釣りと言ってよいでしょう。

・オトリ鮎

友釣りに使う道具は総額で5万円から50万円ほどかかります。

<毛針釣り>

・釣竿

友釣り同様10mほどあると良いでしょう。

・タモ

友釣り同様に素ダモと呼ばれる一般的に使われることが多いタモで十分です。

・仕掛け(毛針)

 10cmほどの糸に(1号がよいでしょう)、スナップサルカンを結び、その下に魚型調整器を取り付けます。

 そこから同じく1号のミチ糸を4、5mほどたらし、その先に先糸を1mほど付けます。

 オモリは5号くらいが良いでしょう。

 毛針の種類はその時々によって食いつきも違うため、慣れと直感が必要となります。


釣り方

<友釣り>

友釣りには「引き釣り」と「泳がせ釣り」があります。

ここでは「泳がせ釣り」の釣り方をご紹介いたします。

泳がせ釣りは、字のごとく鮎を泳がせて釣る方法です。

オトリ鮎を泳がせて釣るのですがオトリ鮎が疲れてしまうとせっかくの釣りも釣果が出ません。

オトリ鮎を疲れさせないためには鮎が泳ぎたい方向に泳がせるという技術が必要です。

自分の泳がせたい方向に行かない場合は、一度寄せてから泳がせたい方向に向きを変えてから離すと良いでしょう。

<毛針釣り>

毛針釣りでは、上流から下流に向けて流すのが基本です。

オモリが下についてから竿を上げるのですが、この竿を上げる動作のときに釣れるときもあるので、集中力を切らさぬように行って下さい。

また、友釣り・毛針釣りの両方に言えることですが、折角釣った鮎を逃がさぬように取り込み時には十分注意して下さい。

初心者であれば「引き寄せ」と呼ばれる方法で、釣った鮎を自分のほうに引き寄せて取り込む方がバラしが少ないと思います。


今回のまとめ

  • 鮎釣りに必要な道具と釣り方
  • 鮎の釣れる時期
  • 鮎の生態
  • 必要な道具
  • 釣り方
スポンサーリンク