バックパックでアウトドアや旅行を楽しもう!

バックパックでアウトドアや旅行を楽しもう!

バックパック」という言葉はアメリカでは古くから使われていますが、日本で頻繁に耳にするようになったのはここ数年のことです。きっかけと言えば『猿岩石』が出演していた『電波少年』でバックパック一つでヒッチハイクをする旅というコンセプトの番組!これが秘かな火つけ役となったとも言われています。そこから登山用品を街で使うブームが訪れて浸透していきました。


バックパックとリュックの違い

さて、「リュック」と「バックパック」の違いですが、語源的には両方とも同じと言っておきましょう。「リュック」はドイツ語で、「バックパック」は英語という違いです。ですが、ファッション用語は時代とともに使い方や意味合いも変化していきます。最近ではニュアンス的に、大きめのものを「バックパック」と敢えて言ったりします。若い世代の方によく使われてますね。年代に関係なく幅広い世代からは、両肩から背負うバッグ全般を「リュック」と言っているのが現状でしょう。また、「バックパック」は、体の負担を軽くするよう配慮されており、ベルトやフレームが付いている物が主流となり、見た目にはこれがリュックとの大きな違いと言えるでしょう。


バックパックとバックパッカー

バックパックと言えば「バックパッカー」ですね。バックパックを背負って旅をする人の事をバックパッカーといいます。格安航空会社の出現により、海外旅行が安く出来るようになったり、ネット情報の充実によって、容易に必要な情報を手に入れることが出来るようになったのがバックパッカーブームを引き起こした大きな要因とも言えるでしょう。バックパック購入をきっかけに、登山をしてみようという相乗効果もあるようです。


バックパックの種類

バックパッカーデビューをしたい初心者の方ですと、どんなバックパックをチョイスしたらいいのか?とご検討されているかと思います。バックパックを売っているお店に行くと、バックパックは大きく2種類に分類されます。「登山用」と「旅行用」です。大きな違いは「登山用」は軽量なものが多く、荷物の出し入れがそんなに頻繁では無いのでポケットやジッパーが少なく企画されています。「旅行用」は、中身のものが取り出しやすくポケットも多く企画されています。まずは用途に併せてどちらのタイプにするかを検討しましょう。


バックパックのメリットとデメリット

バックパックのメリットとは何でしょう?知らない街を歩くには、地図やスマホを見ながらが不可欠なので、両手が空く環境作りにはバックパックは最適です。それから、海外ではスリも多いので、バックパックなら体の固定感もしっかりしているので、防犯度が高くなります。

デメリットはスーツケースと比較した場合、輸送中の破損が大きいことです。また、貧弱な素材ですと刃物で狙われた時に破損しやすいという点です。


バックパックに関連した小物

バックパックと別に準備しておきたいのが、防水カバーです。購入する際に付属品として付いてくる場合もあります。それと、防犯ネットも用意しておけば、休憩中や睡眠中も安心です。


今回のまとめ

  • バックパックでアウトドアや旅行を楽しもう!
  • バックパックとリュックの違い
  • バックパックとバックパッカー
  • バックパックの種類
  • バックパックのメリットとデメリット
  • バックパックに関連した小物

アウトドアや旅行で人気のバックパック!外の世界の視野を広げるきっかけになれば嬉しいです。

スポンサーリンク