BBQ~2度と誘いたくないタイプ~

BBQ~2度と誘いたくないタイプ~

キャンプBBQ は大人数で行ったほうが断然楽しいですよね。でも楽しいはずのBBQでストレスを感じることもあります。

人数が増えるといろいろなタイプの人がいて、中には2度と 誘いたくない !という人もいたりします。

そういう人が1人いるだけで、場の雰囲気は凍りつき楽しかったはずのBBQの思い出が後味の悪いものにもなり得るのです。


2度と誘いたくないタイプはこんな人!

BBQというアウトドアの場面で異性、同性にかかわらず人はほかの人の行動をよく見ているものです。

酒癖が悪い人は問題外です。酔っぱらって人に絡んだり、泥酔して嘔吐したり、人に迷惑をかける行為をする人はNGです。

人の話をまったく聞かず、自分のペースでしゃべりまくる人も敬遠されますね。

子供づれで参加して、子供の面倒を見ず、好き勝手に飲みまくる親の行動も目につきます。

集合時間になっても集まらない、遅刻をしてくる人がいれば移動時間、買い物時間などずれ込んできて、BBQの開催地に到着するのも遅れてしまい、すべてにおいて段取りが狂ってしまいます。

BBQなんてしたことない。といって何も手伝わない人も嫌がられます。料理や炭おこしが苦手でも片づけを手伝ったりすることはできるはずです。飲んで食べてばかりいると気がつかない人と思われ嫌がられます。BBQは青空のもと、不便を楽しみながらみんなでワイワイするものなのです。

女性の場合は、ヘアースタイルも気をつけましょう。ロングヘアをなびかせてオシャレにしていても、BBQでは場違いです。この人何も手伝わない気だな。なんて思われることもしばしば。不器用でも面倒くさくても、目配り、気配りはとても大切です。

また、ダイエット中だから~と言ってせっかく焼いてくれたお肉を食べず、野菜ばかり食べていても、じゃあなんでBBQに来たの?と場がしらけます。美味しい!と言って食べるほうが見ていて気持ちがいいものです。

男性はBBQでは頼りになるところを見せるチャンスです。段取りよく、BBQコンロをセッティングし、ささっと火を起こせるスマートさがないと女性陣はガッカリしてしまいます。

火を起こすのに時間がかかり、なかなか食べられないとなると、こんな人とは2度と行きたくないと思われてしまいます。

片づけのあと、ゴミの始末をキチンとしないと反感すらかうことがあります。場所によってはゴミを持ち帰らなくてはならないところもありますが、そんなとき、私は嫌!といってゴミの持ち帰りを拒否する。

ゴミを喜んで持って帰りたい人はいないはずです。みんなで分担して持ち帰ろうというときに強調性のない言動はひかれますので注意しましょう。


今回のまとめ

  • BBQ~2度と誘いたくないタイプ~
  • 2度と誘いたくないタイプはこんな人!

BBQやキャンプなどのアウトドアの場面では、男性女性にかかわらず、みんなで準備をしみんなで楽しむものです。

そんなところで、人の目につく行動をしたり、ガッカリされるような態度では2度と誘ってもらえなくなります。これは普段の人間関係でも同じですね。

どんな親しい間柄でも、気配り、目配り、心配りが大切ということなのです。BBQを楽しいものにするために、自分の行動をいまいちど振り返りたいものですね。

スポンサーリンク