おしゃれバーベキュー食材の準備3つのコツ

BBQ-syokuzai

夏が近づいて来ましたね!海辺で、山で、みんなでワイワイ楽しく バーベキュー で盛り上がろう!

バーベキューの定番は、やはりお肉やウインナーに野菜、シーフードですよね。

よくあるメニューに、キラリとセンスの光る 食材 も用意してみんなをあっと言わせてみてはいかがですか?

暑い時期でもありますので、クーラーボックスの管理も怠らず抜かりなく準備したいものです。

そこで定番以外にもバーベキューを彩る食材や調理法、行くと決まったら即座に準備したいものをまとめてみました。


【準備は3日前にはスタートさせる】

まず、クーラーボックスの冷気を保たせるもの氷の準備に取り掛かりましょう。

氷点下まで下げるといった商品も出てはいますが、食材がなくなった後はただの重りでしかありません。おすすめは、2ℓペットボトルのミネラルウォーターを凍らせることです。

そのままだと膨張してしまいますので、コップ一杯程度の水は減らしておきましょう。

30ℓ~40ℓの容量のクーラーボックスであれば、この氷ペットボトルが2本くらいあればだいたい1日半くらいはもつでしょう。

このペットボトルのいいところは、溶ければ調理用の水として使えるところです。

お米を炊いたり、カレーも作りたいというのであれば、もう一本追加して作っておいてください。

だいたい丸2日間くらい凍らせればバッチリです。


【メイン食材のおすすめ調理法】

バーベキューのメインといえば、牛肉に鶏肉や豚肉を準備されるでしょう。

そのまま焼いても美味しいですが、豚肉なら生姜とめんつゆに漬けてそのまま凍らせておけば、氷の役目も果たして一石二鳥です。

せっかく屋外での調理ですから、ウインナーや鶏肉は燻製に挑戦してみるのもおすすめです。

ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『熟成りんご』 ST-1312

アップルウッドのチップや桜チップに合う食材が記載されているので、それをヒントにしてみてもいいですね。


【チーズフォンデュやアヒージョに挑戦】

イシガキ産業 ガーナフォンデュセット 3217

深皿を用意して、キャンドルを使ってチーズフォンデュを楽しむこともできます。

ントー チーズフォンデュセット S レッド 36360

私のイチオシはアヒージョです。深皿にオリーブオイルとニンニクお好きな食材を入れて、そのままバーベキューの網の上に乗せれば簡単にアヒージョを作れます。

エビやアスパラも美味しいですし、バケットもあれば、軽くあぶってアヒージョをのせてもいいですね。

このほかには、しらすをたっぷり入れたアヒージョを作ってバケットと食べるのもおすすめです。


【保存のコツ】

クーラーボックスの冷気を下げないで保つためにも、水以外に肉類も軽めに凍らせておくのはもちろんですが、熱気は下からやってきます。

クーラーボックスを地面にそのまま置いてしまうのではなく、専用のスタンドや折り畳み踏み台の上に置くようにしてください。その際、あまりに大きいとバランスを崩して危ないので、やはり専用クーラーボックススタンドがある方がよいでしょう。

コールマン クーラースタンド 170-5862

肝心のクーラーボックスの中は、まず保冷シートを敷き詰めて、蓋を開閉する際にも冷気が逃げないようにカーテンのようにつけるのもおすすめです。
冷気は上から下におりますので、氷は食材の上に置ければ安定して温度を保てます。2ℓパットボトル氷は壁面に置いて、ペットボトル以外にも、飲み終えたらコンパクトに畳める水筒などに水を入れて氷を作り、上部にはこちらを置くとかなり効果的です。

しょっちゅう開閉するのは、飲料を取り出す時なので、食材と飲料は分けておくのが理想的ですね。

以上、バーベキューに行くと決まったらそこから準備の始まりです。

まずは食材の管理に気をつけて、肉類を焼くだけでは飽きてしまいがちなバーベキューに花を添えるメニューも準備して楽しんでください。

ちょっとセンスが光るだけで、あなたの株がぐんとあがりますよ!


今回のまとめ

おしゃれバーベキュー食材の準備3つのコツ
準備は3日前にはスタートさせる
メイン食材のおすすめ調理法
チーズフォンデュやアヒージョに挑戦
保存のコツ

スポンサーリンク