昭和のアウトドア事情がすごい!②

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』作者「ママチャリ」の不定期コラム 第二弾

前回は、三菱の1979年の小雑誌『アウトドアブック』より、昭和のキャンプ事情の触り部分だけをお届けしましたが、この本は文化放送の監修で、それぞれの記事を書いている人は当時をときめく著名な人ばかり。

お風呂の記事こそ、かなり乱暴でしたが、全体としては至って真面目な教本です。

それでも、35年の隔たりは、感じざるをえません。

今回は、昭和のアウトドア食事事情に迫ってみましょう。


かなりワイルドな昭和のギャルズライフ

三菱の『アウトドアブック』は、各カテゴリーごとに専門家が執筆しており、料理の部分については、女性ライターの方が担当されています。

職業は「ギャルズライフアドバイザー」だそうで‥‥‥この辺りから、ほのかに昭和の「怪しさ」が漂ってはいるのですが。Googleのサジェストで、『ギャルズライフ』まで入れると出て来るので、ある程度、認知度のある職業のようです。

さて、ギャルズライフアドバイザーの奨めるアウトドアの食事ですが。最初のタイトルが『野外にはふんだんに採集物がある!』と、冒頭からぶっ飛ばしてくれます。

「青空の下でカレーを作ろう〜」とかのヌルいことは言いません。

食い物は、あくまでその場で採集!

当時のギャルズのライフは、かなりワイルドだったことが分かりますね。


トリカブトに注意!

内容は、季節ごとに分かれていて、最初は山菜。この辺りはいいですね。

ツクシ、ふきのとう、セリ、ナズナ、生えてるもんは、みんな食い物です。アウトドアですから。

もちろん、毒のある物にあたるといけませんから、ドクウツギとか、トリカブトとか図解入りで載っています

いや〜、親切!と言うか、トリカブトとか死んじゃいますから。そこまでして野の植物を食べる必要があるのか?というほのかな疑問が・・・。なにもカレー作ればいいのでは?

いやいや、そんなのは「アウトドア」では邪道なのです!


カタツムリだって食う。蝉も食う

途中、話題は山菜から、昆虫採集に移ります。

カブトムシ、カミキリ、クワガタetc‥、現代だって昆虫採集は、子供たちのキャンプの楽しみのひとつ。

・・・ですが、ギャルズライフは、ここから違うのです。

『いざとなったら昆虫も食える!』

どういうタイミングで、オートキャンプが「いざ」となるかは不明ですが、ハチノコやカワゲラ、イナゴなどが郷土料理としてあることから、「食べられる」ことを主張。

ギャルズライフアドバイザーは、そこにとどまりません。

「トンボは羽をとって揚げると珍味だ」

あまり食いごたえがなさそうですが・・・

現代のアウトドア本にあるでしょうか?トンボの食べ方。

さらには、蝉の唐揚げ。

ついには、カタツムリに至っては、レシピまでついてます。

美味しいそうですよ?カタツムリ。


ヘビも食う!

いや。これを読んでいると、いかに現代のアウトドアやオートキャンプが甘っちょろいか猛省させられます。

これぞアウトドアというものでしょう!

でも、個人的にはカレーでいいなぁ・・・・

次回は、同ギャルズライフアドバイザーによる「蛇の食べ方」!

昭和のアウトドア事情がすごい!③へ

スポンサーリンク