バートン ブーツの特徴

スノーボードをするにあたってブーツはとても重要なアイテムの1つです。滑っていて足がいたくなったり、重すぎたり、防水性、保温性が乏しかったり、サイズがあっていなかったり。そこでスノーボード界の老舗ブランド、バートンのブーツを検証してみましょう。


熱成形のインナー

インナーを熱成形できるブランドは限られていましたが、最近ではバートンでも可能になりました。熱成形の方法はオーブンではなく専用ドライヤーを使って行います。オーブンではなく専用ドライヤーで熱成形を行う利点はサイドにポリウレタンパネルを使用できることです。この方法で成形するとインナーの変形や型崩れ、へたりなどが軽減されるのです。その上、ムレの原因になる素材を使っていませんので、ムレることなく、寒いときは熱を蓄え、インナーの中が熱くなると熱を放出するという特徴をもっています


サイズへのこだわり

バートンのブーツのサイズは1㎝刻みではなく0.5㎝刻みになっています。もちろんアウターだけではなくインナーも0.5㎝刻みのため、より自分の足のサイズにあったブーツを選ぶことができるのです。インナーとアウターが0.5㎝刻みになっているブーツはバートンだけのようです。


インソールの重要性

スノーブーツのインナーの中にはインソールという中敷きが入っている場合があります。人間の足のサイズや形は多種多様です。決められたサイズ展開で自分の足にジャストフィットするものを探すのは至難の業です。そんなときインソールで調節します。インソールは足首や股、膝などの関節の傾きを整える効果があります。間接の傾きを整えるということは体のバランス感覚が向上し、疲れ方や運動能力が大幅に変わってきます。それに加え衝撃を吸収してくれるという効果もありますので怪我の防止にもつながります。バートンのブーツはとても優れていますが、購入するときはインソールの有無を確認しましょう。


ハイスペックなレザーブーツ

バートンのブーツにはアウターがレザータイプのものがあります。これは見た目のカッコよさはもちろんですが高い防水機能を兼ね備えたレザーを使っているので、あこがれの存在ではないでしょうか。機能的にも申し分なく快適性抜群、クイックなレスポンスによる信頼性、安定したフィット感とフレックスにより細やかで安定したターンやライディングをすることができます。


画期的なレーシングシステム

バートンのブーツにはボアシステムのブーツもありますが、レーシングシステムは非常に画期的です。慣れれば約2秒で締め上げることができるバートンのレーシングシステムは力強いパワーと高レスポンスで確実にフィットさせてくれます。ロープにもこだわりがあり消防士やレスキュー隊などが使用しているものと同じものを採用しています。ボアシステムではワイヤーを使用しますので伸縮性がなく、固くなりすぎる場合がありますが、バートンのレーシングシステムでは素早い締め付けと絶妙なホールド感でより安定した滑りを可能にしてくれます。


今回のまとめ

  • バートン ブーツの特徴
  • 熱成形のインナー
  • サイズへのこだわり
  • インソールの重要性
  • ハイスペックなレザーブーツ
  • 画期的なレーシングシステム
スポンサーリンク