バートンボードいろいろ(パーク用、カービング用)

バートンボードいろいろ(パーク用、カービング用)

スノーボードにはジャンプ台やゲレンデでトリックをしたり、ひたすらフリーランを楽しんだり、遊び方はさまざまです。人によってはオールラウンドに楽しみたい。パーク重視で遊びたい。フリーランを極めたいなど何かに特化した滑りをする人もいるでしょう。そんなときは自分がどんな遊び方をしたいかで選ぶ板がかわってきます。スノーボードのスタイル別に バートン を分析してみましょう。


パークやジブ重視の板

バートンライダーのショーン・ホワイトのコンテスト用のボードが「TWC Pro」ザホワイトコレンクションプロです。ハーフパイプやパークで性能を発揮すること間違いなし。反発力があり高いジャンプを可能にしてくれます。

「Aftermath」アフターマスは力強いエッジングと性格なコントロール性が特徴のモデルです。足元からノーズやテールにエネルギーを瞬時に伝える構造になっているためオーリーがかなりしやすくなります。

「Custom Flying V」カスタムフライングブイはロッカーとキャンバーを組み合わせたモデルであらゆるシーンで活躍するモデルです。ボードへの力の伝達をより早くし、クイックなアクションを可能にしてくれます。

「Custom Restricted」カスタム・リストリクティッドは性格なエッジホールドと反発力プラス、ロッカーならではのルーズさを兼ね備えています。あらゆるシーンで最高のパフォーマンスを発揮してくれる1本です。

「Social」ソーシャルはバランスの良いシェイプによって安定性と動作性が抜群です。ジャンプやジブなどのパークを楽しむには最適の板でしょう。

「Blender」ブレンダーはパークとパウダー両方をこなせるモデルです。ノーズとテールの面を通常より長くしているためパウダーでの浮力が最大限に発揮できます。オーバーバイト・フロストエッジを採用しているためより力強いエッジグリップと操作性でパークでも活躍してくれるでしょう。

「Blunt」ブラントはノーズとテールのみをコンベックス構造にしたモデルで、レールでのエッジの引っかかりを軽減するエッジチューンはこれからジブやキッカーに挑戦したい人におすすめです。


カービングが楽しめる板

「Clash」クラッシュは板全体をコンベックス形状にしたクルーズコントロールを搭載しているので逆エッジを軽減し、スムーズなターンを可能にしてくれます。扱いやすいフレックスと操作性のため初心者にもおすすめです。

「Custom」カスタムはバートンボードの中ですべてのモデルの基準となっており、どんな地形やシーンでもオールラウンドに対応してくれます。カービングもジブも楽しめるボードです。

「Custom X」カスタムエックスは高速カービングにも耐えられる安定性をもちながら、軽量でレスポンスの高いハイレベルな滑りを可能にしてくれます。

「ANTLER」アントラーはコントロール性と自由度を向上させたカーボンハイライトを使用しているので、軽量で足裏の力をより速くエッジに伝えてくれます。自由度の高いライディングを可能にしてくれます。


今回のまとめ

  • バートンボードいろいろ(パーク用、カービング用)
  • パークやジブ重視の板
  • カービングが楽しめる板

バートンにはいろいろな特徴をもったモデルがたくさんありますので、こだわって選びたい場合は試乗会に参加して実際ボードに乗ってみることが一番です。スノーボードの板選びは楽しむたけでなくスキルアップにも一役買ってくれるものを選びたいですね。

スポンサーリンク