キャンプでバンガローに泊まろう

bungalow

【バンガローとは】

バンガロー とは一般的にキャンプ場で宿泊できる施設です。木造の丸太小屋や山小屋といった小規模の建物です。

それぞれの棟が独立しており、4~8畳程度の部屋が一室あります。トイレやキッチン、洗面所やお風呂はなく

基本的にキャンプ場の共同設備を使用します。中には簡易的なキッチンやトイレぐらいはある場合もあります。

食事は自炊をし、寝具は置いていない事もあるので寝袋や毛布などは持参しなければいけない場合もあります。予約時に寝具のレンタルがあるか確認しておく事をおすすめします。


【バンガローの上手な使い方】

キャンプに行って、テントに泊まるのはアウトドアの醍醐味ですが、急な雨が降ってきたり、強い風が吹いたりするとテントが倒れたり、飛ばされたり、雨でビチョビチョになる心配があります

そんなときバンガローに宿泊していれば、急な天候の崩れにも落ち着いて対応できます。

また小さいお子さんがいたりすると、テント泊ではほかのキャンパーの話し声や、物音で落ち着かないといった状況になる場合がありますが、バンガローだと独立した建物ですので、そういう心配も少なくなります。


【バンガローのメリット】

メリット1:リーズナブル

ホテルや旅館といった宿泊施設に泊まると、一人あたりの料金になりますが、バンガローでは1棟あたりの料金設定になります。
最大定員で利用すると1棟あたりの料金は格安になります。

家族が多い場合や、グループで利用をする場合はとても宿泊費を抑えることができます。

bungalow-2

メリット2:貸切で気楽

バンガローは独立した建物1棟をまるまる借りるといった方法ですので、大人数で宿泊しても周囲に気兼ねをしなくてよくなります。
プライバシーが保たれ、自由にくつろぐことができるのです

チェックインからチェックアウトの間は、スケジュールも自由ですので、テント泊とは違い深夜までお酒やゲームを楽しむこともできます。


【食事の楽しみ方】

バンガローはコテージや貸別荘とは違い、キッチン、ダイニングがあるわけではありません。

基本的にテント代わり、寝るために使用するといった使い方が向いていますので、せっかく大自然の中でキャンプを楽しむのですから、食事は外でしたいものです。
バンガローの外にバーベキュー施設が併設してある場合もありますので、ぜひ利用したいですね。気心のしれた家族や仲間との外での食事はより一層美味しく楽しいものになるでしょう。

バーベキュー用品のレンタルや食材の予約が出来るか確認しておくと手ぶらで大自然を気楽に満喫出来るかもしれませんので予約時に確認してみてください。


【まとめ】

キャンプ場にあるバンガローはテント代わりに利用するのが、もっとも多い利用方法です。

調理道具やテント以外のキャンプ道具(イスやテーブルなど)は持参し、食材や飲み物も持ち込み、外で楽しむ。

キャンプを始めたいけど、テントを持っていない、テントに泊まるのは少し不安だ。など躊躇している方もバンガローなら気軽に楽しめます。

キャンプをこれから始めようと思っているかたにはもってこいの施設かもしれません。

まずは一度宿泊してみて、アウトドアライフを始めてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク