バートン板の特徴

バートン板の特徴

スノーボードの板選びは自分がどんな遊びをしたいかで決まってきます。バートンの板選びのヒントになる特徴を見てみましょう。


【板の形状】

キャンバー形状・・・キャンバーはスノーボードの基本のカタチです。板を横から見たとき緩やかなWのような形状になっていて、中心が浮いている状態です。キャンバーは板の雪に接する面が左右の足の真下になるので板のコントロールがしやすく安定性があります。また両足でキッチリ踏ん張ることができますので、エッジングがとてもしやすいです。

ロッカー形状・・・ロッカーはキャンバーとは逆を横からみたときUのようになっており、ノーズとテールが浮いている形状になっています。雪に接する面が板の中心部分のみなので、グラトリなどをするとき非常にとりまわしがしやすいカタチです。しかしながら、安定性にはかけるので高速フリーランやアイスバーンのときなどエッジングが難しく感じられる板といえます。

ダブルキャンバー形状・・・その名の通りでキャンバーが2つ並んだ形状の板をいいます。雪に接する面はロッカーと同じで板の中心ですが、両足の真下もキャンバーのような厚みがあり、キャンバーとロッカーの板の両方のいいところを取ったような特徴です。平地ではグラトリがしやすく、急斜面でのカービングではしっかりエッジングができる板と言えるでしょう。しかしながらどっちつかず、な面もありますのでグラトリを極めたい。カービングを極めたい、というような何かを極めたいと思っている人には不向きかもしれません


【板の硬さ・柔らかさ】

好みの形状が決まったら、フレックス=板の硬さをみてみましょう。テールを足で踏み押さえ、ノーズを片手で持ってもう片方の手で板の中心部分をグッと押します。その時のしなり具合で板の硬さがわかります。

柔らかい板はフリーランや、グラトリ、パーク系の遊びがしたい人に向いています。板が柔らかいということはオーリーもしやすくトリックのときのとりまわしがしやすいです。ただ、高速でフリーランをするときは柔らかさゆえ板がばたつきますので踏ん張る脚力が硬い板より必要になってきます。

硬めの板は高速フリーラン、キッカー、バックカントリーなど滑走時や着地時の安定感がより必要なスタイルの滑りをする人に向いています。ターンやジャンプの着地で板に大きな負担がかかるような場合、柔らかい板だと思うようにコントロールができません。あまり硬すぎる板は強い脚力が必要になってきますので、いろいろな遊びをしたい人は硬すぎず、柔らかすぎないモデルを選ぶことをおすすめします。


【初心者の人におすすめバートンCustom】

スノーボードを始めたばかりでバートンの板選びに困ったらCustomというモデルを選んでおけば間違いないでしょう。今期のバートンは従来の板より重量が10%削減され、非常に軽いです。カスタムはターン、トリック、操作性すべてにおいて安定感があり、フレックスも程よい硬さと柔らかさを兼ね備えていますので上達の早さが期待できるかもしれませんね。


今回のまとめ

  • バートン板の特徴
  • 【板の形状】
  • 【板の硬さ・柔らかさ】
  • 【初心者の人におすすめバートンCustom】

スポンサーリンク