登山!!大山に登ってダイセンキャラボクを見よう

大山登山_R

出典URL:http://www.daisen.jp/p/kankou/tozan/

【大山は天候の急変が起こり易い】

大山 (1724m)の年間総降雨量は3000mmを超える強風多雨雪地域で、中国地方を代表する日本海側に面した独立峰です。そのため年間を通じて強風の日が多く、また雨も他の山と比べて多く降ります。天候の急変が起こり易い山であることが特徴です。

大山 登山 の際には事前に天候の情報をよく確認し、登山道での天候の悪化の場合はすみやかに下山するか中止をしなければなりません。

大山の登山シーズンは夏山です。しかし冬山も人気が高く多くの登山家が挑戦しております。冬山登山は大山が日本海側に面しているため、またひときわ高く聳えているため北西の季節風をまともに受け、極寒の状態となります。

降雪期が年間200日にもなり、積雪が多く(初冠雪は11月ごろ)、天候が変わりやすいため、登山には十分な注意と事前の準備が必要となります。

初心者の人は経験豊富な人の同行が必須条件です。


【ダイセンキャラボク純林】

大山は伯耆富士(ほうきふじ)と呼ばれているほど秀麗で見事な山容を誇っています。

春夏秋冬、折々に見せる多くの絶景ポイントを持ち、登山、ハイキングに訪れる多くの人を魅了しております。

大山は大山隠岐国立公園の1部を構成しています。また日本百名山の1つでもあります。

大山は、1000種を超える昆虫や貴重な野鳥、高山植物の宝庫です。

日本最大規模のブナ林や天然記念物で鳥取県の県木にもなっているダイセンキャラボク純林の群生地帯もあり、これらを観察するためにここまで登ってくる登山者も多くおられます。

ダイセンキャラボクは標高1400m以上の高山で特に日本海側に分布する常緑の低木です。


【夏山登山コース】

大山の登山コースは基本的には2本あります。夏山登山コースとユートピアコースです。

夏山登山コースは初級者から上級者、年配者の方まで楽しむことができます。

ユートピアコースは途中危険な崩落場所もあり中級、上級者向けです。

夏山登山の山開きは6月の第1週くらいで、閉山は紅葉シーズンの後の11月初旬ころです。

大山の最高峰は標高1729mの剣ヶ峰ですが、そこまでの縦走路が崩落が続くため立ち入り禁止となっています。現在大山の頂上は標高1709mの弥山となっています。

代表的な夏山登山コースを紹介します。

登山口は鳥取県大山町の大山寺にあります。登山口の周りには多くの駐車場があります。

登山口の1合目から2.3.4.5合目、避難小屋を経てダイセンキャラボクの群生域を通って

頂上に至ります。

下りは5合目、6合目の中間地点から別コースの行者谷、元谷避難小屋を通り、大山寺に

至るコースを取ります。

標準行動時間は登り2時間40分、下り2時間、となっていますが、休憩や余裕をもって登るようにするなら往復6時間は必要です。


【大山は遭難が多い】

大山は人気の山だけに登山者が多く遭難も多いです。特に登山道が崩れ易いため木製の階段が全線に渡って設置してあり、ここでの転倒、捻挫、転落が多く発生しています。

また体調不良で動けなくなって救助される人も目立ちます。

冬季には道迷い、雪崩、ホワイトアウト、滑落などの遭難事故も報告されていて、凍死した登山者もいました。

こうしたことが誰でも起こり得ますので、必ず登山届けを提出するようにしましょう。


今回のまとめ

登山!!大山に登ってダイセンキャラボクを見よう
大山は天候の急変が起こり易い
ダイセンキャラボク純林
夏山登山コース
大山は遭難が多い

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です