エギングロッドの選びかた3つのポイント

eginguroddo

エギングをはじめるときにいちばん気になるところが、エギングロッド をどう選べばいいのかという事ではないでしょうか?お店にいけば、様々なメーカーから色々なグレード、長さ、硬さのものがずらりと並んでいています。この記事では、ロッドの価格についてのお話やひとまず持っておきたいロッドの調子、エギをより遠くに飛ばすためのタックルバランスについての3点を紹介します。


どの価格帯のロッドを買えばいいの?

初めてのエギングロッド選びで一番気になるのは値段ではないでしょうか。釣具屋さんにいくと数千円のロッドから6万円以上のものまで様々です。
基本的にロッドは高ければ、それだけ高価な素材を最新の製法で仕上げてあるものです。高価なロッドは軽いので疲れにくかったり小さなアタリを感じやすかったりとメリットが多いことは確かです。ですから、予算が潤沢な場合はいきなり高価なロッドを購入するという手もアリです。でも、始めたばかりでいきなり最高級品までは手が出せない場合がほとんどですよね。

エギングブームに火がついてからだいぶ時間がたったためエギングロッド市場もだいぶ熟成されてきました。もし、エギングをしっかりやるつもりである程度のロッドが欲しいならば2万円台のロッドを選べば間違いはありません。


飛距離を出すためタックルバランス

エギングでの釣果の秘訣はなんといっても飛距離でしょう。飛距離を稼ぐことで、遠くの潮目を狙えたり、より広い範囲をさぐることができます。ではエギをより遠くまで飛ばすためにはどうすればよいのでしょうか。

まず、ロッドは長めの8.8フィート前後がオススメです。ロッドを選ぶ際にはガイドに関しても気をつけたいところです。
最近では、糸カラミを防止するために工夫されているガイドが主流で、ラインが絡まないという点に関しては効果があるのですが、飛距離が出ないというデメリットもあります。
糸絡み防止を主体に設計されているガイドは、キャストした時にガイド内を通過するラインがロッドに当たってしまい、飛距離が出ません。

このようなガイドを採用したロッドには注意が必要です。

  • ラインは、滑りがよくなるべく細いPEラインを選びましょう。細くて強い8本ヨリの0.6-0.8号がおすすめです。
  • リールはなるべく軽いほうがキャストのときの振り切るスピードがあがるので、結果として飛距離が出ることになります。有名メーカーのエギング用のものならば間違いはありませんので予算と相談して購入してください。
  • タックルがよくてもキャスティングがうまくできなくては、遠くまでエギを届けることはできません。タラしを長めにとってエギの重みをしっかりロッドに乗せて投げることがコツです。


ロッドの調子はどうえらぶ?

エギングには、しっかりした硬さのロッドが必要です。硬いロッドはエギにダイレクトに動きを伝えることができます。アオリイカを釣るコツは、エギをキビキビと動かすことです。アオリイカの目の前でエギをキビキビと動かすことでエギを抱くスイッチがはいるのです。しかし、軟らかいロッドではシャクっても力が吸収されてしまうのでエギが機敏に動いてくれません。まずは、エギの動き重視で硬めのロッドを選んでみてください。


今回のまとめ

エギングロッドの選びかた3つのポイント 
 どの価格帯のロッドを買えばいいの?
飛距離を出すためタックルバランス
ロッドの調子はどうえらぶ?

スポンサーリンク