富士登山観光案内

富士山観光

出典URL:http://livedoor.blogimg.jp/houston1960/imgs/b/e/bedb88f5.jpg

富士山は日本一の巨大なレジャーランドです。年間20万人以上の登山客と周辺 観光 にはその何倍かの観光客が押し掛けています。

富士登山 は本格的な装備を必要とする登山ですから、物見遊山の観光とは大きく異なりますが、壮大な風景を楽しむという点では広義の観光でしょう。


登山道を楽しむ

富士山登山は吉田、須走、御殿場、富士宮の4つの登山ルートがあり、それぞれ登山口は五合目です。

標高はそれぞれ異なりますが、どのルートも大変険しい登山道となっています。

登山道から標高が上がるにつれて景観も変化し、雄大な眺望が楽しめます。


山小屋の宿泊体験

各登山ルート上にはたくさんの山小屋があり、吉田ルートには20以上の山小屋があります。

他のルートを合わせると全部で47軒の山小屋があります。

簡易宿泊所のような感じで、温泉場などの旅館とは形態が大きく異なります。

水は貴重でトイレに水はなく、電気もありません。

寝室は男女、日本人、外国人の区別なく雑魚寝です。

サービスも期待できません。快適さも期待できません。

たまにはこういう所での体験もおもしろい。


ご来光体験

朝早く山小屋を出ます。

どの標高にある山小屋かで富士山登頂までの登頂時間が異なりますが朝2時ころから登り始める山小屋もあります。

暗い登山道を注意しながら、黙々と登って頂上に着き、日出を待ちます。

やがて辺りが赤く染まりはじめ、感動のご来光ショータイムが始まります。

強烈な太陽の明るい光は完全に異次元の世界です。


頂上浅間大社奥宮参拝

頂上の大鳥居をくぐって富士山登頂を果たした達成感を味わい、浅間大社奥宮で登頂の報告をします。

報告を済ませたら記帳を行います。

70歳以上の人には登頂記録リストが年末に神社より届きます。

なを、富士山八合目以上は浅間神社奥宮の境内で120万坪あります。


お鉢めぐり

富士山3776mは神社のところではなく剣ヶ峰の頂上にあります。

お鉢めぐりは富士山山頂の火山口、爆裂口の周りを一周します。

全部で8つの峰があり、その中の1つが剣ヶ峰です。迫力ある壮大な風景です。

少なくとも剣ヶ峰だけは登って欲しいです。

お鉢めぐりは体力に余裕があれば周回しましょう、一周1時間半かかります。


富士山五合目観光

各登山口五合目は一大観光地となっています。

標高は各々異なりますがかなりの標高の高さがありますから、展望が大きく開け、展望台もあり、またレストハウスや売店が設置され五合目だけで十分楽しむことができます。

吉田ルートの五合目のハイキングコースはかなり充実しています。いくつか紹介します。

泉ヶ滝コース(富士山五合目から六合目までの登山道散策コース)

   家族でゆっくり回れるコースで富士山頂、河口湖、山中湖が眺められます。

   片道1時間 2km

御中道コース(御中道から御庭、奥御庭を散策するコース)

     標高2300mから2400mを一周するコースで季節の高山植物が見られ、富士山頂、南アルプスなどが一望できます。

   片道1時間半 約3km

奥庭周遊コース(大沢崩れの見学コース)

   大沢崩れの迫力が体験できます。

   片道1時間半 約3km

吉田口コース(五合目から吉田口に至るコース)

   富士山の歴史を学ぶことのできるコースです。富士講時代の古跡が多く残りいくつ

   かの神社に参拝できます。

   片道3時間半 約10km

精進コース(五合目から三合目に至るコース)

   富士山の森林限界までの樹林帯を歩くコースです。かっての登山バスが通っていた石畳の登山道です。カラマツ、コメツガ・シラビソ、ミナノキの大木などが見られ

   ます。

   片道1時間半 約3.8km

富士宮ルートの五合目登山口にもおすすめしたいハイキングコースがあります。

富士山遊歩道(富士宮口五合目から宝永第一火口、宝永山を登り五合目に至るルートです)

1707年に大噴火した宝永山、富士山の側火山(2393m)です。この山は富士山登山ほど体力は要りません。気楽にハイキングのつもりで登れます。人気のコースです。

登り1時間半 下り1時間20分


今回のまとめ

富士登山観光案内
登山道を楽しむ
山小屋の宿泊体験
ご来光体験
頂上浅間大社奥宮参拝
お鉢めぐり
富士山五合目観光

スポンサーリンク