スキー場でのゲレンデマナー

gerende

リーシュコードは必須

リーシュコードとはビンディングと足をつなぐものを指します。スノーボードでリフトに乗る時は、必ず後ろになる足をビンディングから外します。前側の足は固定したままリフトに乗りますが、もし何かの拍子にボードがビンディングから外れてしまうと、リフト下に落下してしまいますので、リーシュコードは必ず装着するようにしましょう。また ゲレンデ 内でも片足を外す場面があったりもするので、コース場にボードを流してしまうと滑っている人に当たって大事故になりかねません。

突き指の腫れに!RICE処置の仕方


リフト乗降時のマナー

リフト乗り場では、割り込みをしたり、前の人の板をコンコンと当てたり、後ろに並んでいる人の板の上に乗ったり、さまざまなトラブルが潜んでいます。列にキチンと並び、前後適度な感覚をあけて順番待ちをするように心がけましょう。またリフトから降りた正面でたむろしていたり、座りこんでビンディングを装着すると、あとからリフトで上がってくる人の邪魔になります。リフトから降りたらささっと脇によけ、ビンディングの装着も邪魔にならないところで素早く行いましょう。


コース場でのマナー

煙草のポイ捨てやゴミのポイ捨てはもちろん禁止です。自然があるからこそ楽しめるスポーツなのですから、土に還らないようなゴミは必ず持ち帰りましょう。

コース内の真ん中での座り込みはやめましょう。とても危険ですし、滑る人の邪魔になります。転んでしまうのはよくあることですので、転んでしまって少し休憩をするような場合はコースの脇に座るようにしましょう。最近ではグラトリと言って、コース場でトリックをするのが流行していますが、その際はまわりに人がいないかよく確かめてからしなければいけません。普通に滑っているスキーヤーやスノーボーダーからすれば、グラトリをしている人は予測不能な動きに見えています。上から滑って来た人と、グラトリで回転をした人が接触事故を起こしていることが多々ありますので、十分な注意が必要です。

また、ゲレンデコース内で板をはずしてブーツで歩くのは禁止されています。なぜなら、つぼ足と言ってブーツで歩いた雪面は穴があいてしまい、せっかく平らにならした雪面がボコボコになってしまうからです。そうなると滑りに支障をきたしますので絶対にやめましょう。


コース外の滑走

バックカントリーといって、コース外を自己責任で登り滑り下りるという遊びが人気ですが、これは山での知識とそれなりの装備を必要とします。軽い気持ちでバックカントリー気分を味わうために、スキー場のコース外にでていく人がいますが、これはルール違反です。スキー場内は安全な部分とそうでない部分が区切られています。コース横に新雪で楽しそうな斜面があっても、そこは危険とスキー場が判断し、滑走禁止にしているのですから絶対に滑ってはいけません。雪で見えなくても滑走禁止エリアは崖になっていたり、沢になっていたり危険がいっぱいです。コース外へでて、コースに戻れなくなり遭難して、死に至る場合もあります。

バックカントリーを味わいたい場合は、入山届けをキチンだし、知識と経験のある人とともにしっかりした装備を持って楽しみましょう。


まとめ

スキー場では小さい子どもから年配のかたまで、年齢、レベルさまざまな人がスキーやスノーボードを楽しんでいます。個人の勝手な行いで他の人に迷惑をかけるような行為は避け、ルールとマナーを守って楽しみたいものですね。

スポンサーリンク