ホッケ釣り

ホッケ釣り

「好きな魚は?」と質問されると「ほっけ!」と答える人も多いと思います。

ホッケを自分の手で釣ってみませんか?

初心者の方でも釣れるようにホッケ釣りをまとめてみました!


==ホッケが釣れる時期==

ホッケが釣れる時期は秋から冬にかけてと言われています。

ホッケは普段は海の深いところに生息していますが、産卵の時期に合わせて浅瀬に上がってきます

その時期が秋から冬にかけてというわけです。

また、秋から冬にかけてはホッケ自体に脂がのっていて美味しいです

縞ホッケは特に脂が乗っていて格段に美味しく、高値で販売されています。


==ホッケの釣れる場所==

ホッケは埠頭で釣る事が出来ます。

もちろん、船などで沖に行っても釣る事が出来ますが、埠頭での釣りで十分釣果は得られます。

タイミングが合えばホッケは100匹以上釣ることも出来るので、場所はもちろんですが、タイミングも重要です。


==ホッケを釣るために必要な道具==

ホッケを釣るために必要な道具は以下の通りです。

竿(リール竿でもノベ竿でも大丈夫です)

リール

仕掛け(サビキ仕掛けが良いでしょう)

マキエ

ホッケはルアーでもマキエでも釣れますが、初心者であればマキエでサビキ仕掛けが良いと思います。

マキエはホッケを呼ぶ大事なエサですので、購入時にはケチらずに沢山購入しましょう。

折角タイミングよくホッケが寄ってきても、その時にエサが無かったら「買っておけば良かった!」と後悔しても遅いです。

大量釣果を目指して、マキエは多めに購入しておきましょう。

また、サビキ仕掛けはとても絡まりやすいため、予備を用意しておくと良いでしょう。


==ホッケの釣り方==

ホッケの釣り方は、まず埠頭から仕掛けを海に落とします。

その後、マキエを撒き、ホッケが寄ってくるのを待ちます。

ホッケは回遊魚なので、タイミングが合えば沢山釣る事が出来ます。

マキエの近くにホッケが寄ってきたら、ホッケが仕掛けに食つく可能性があるので、集中して反応を見ます。

アタリがきたら合わせてそのまま釣り上げます。

すぐに2匹目を狙うため、ホッケを針から外して海に仕掛けを落としましょう。


==ホッケの料理==

ホッケの料理といえば一番有名なのは『ホッケの開き』ですよね。

ホッケの開き以外にも『ホッケフライ』『ホッケの磯部揚げ』『ホッケのすり身揚げ』『ホッケの煮付け』など、沢山美味しい料理があります。

中でも、『ホッケの燻製』はとっても美味です!


==ホッケの干物の作り方==

ホッケを腹から開きます。

開いたホッケを海水に近い塩水でしばらく漬けます。

漬ける時間は、半日も漬ければ十分漬かりますが、漬かりすぎると塩味が濃くなりますので、6時間から12時間くらいが目安です。

その後、日に当てて干します。

干す時間は、こちらは日が出てから1日中干しておいても良いと思います

途中、裏面も干すのをお忘れなく!

自分で釣ったホッケを開いて、干して、焼いて、食べる!最高ですね!是非チャレンジしてみて下さい。


今回のまとめ

  • ホッケ釣り
  • ホッケが釣れる時期
  • ホッケの釣れる場所
  • ホッケを釣るために必要な道具
  • ホッケの釣り方
  • ホッケの料理
  • ホッケの干物の作り方

スポンサーリンク