各地で釣れる!カレイ釣り🐟

各地で釣れる!カレイ釣り🐟

煮付けにしてもから揚げにしても美味しいカレイ

実は、カレイには沢山の種類があります。その中でも、北海道で釣る事が出来るカレイの釣り方をご紹介いたします。


北海道で釣ることが出来るカレイの種類

マガレイ:最もポピュラーなカレイです。から揚げにしても煮付けにしても美味しいカレイです。

スナガレイ:黒い模様が入ったカレイです。よく釣れますが、味はいまいちです。

イシモチ:その名の通り、石のような硬いものが体についています。味は美味ですが、マガレイの方が人気です。

クロガシラ:釣り人の中ではこのカレイを狙う方が多いです。大きさも味も満足できるカレイです。

マツカワ:幻のカレイと言われています。

他にも沢山ありますが、上記が有名なカレイです。


釣れる時期

オールシーズンで釣れますが、春がよいと言われています。

5月6月が狙い目です。


釣れる場所

浜、港、沖全ての場所で狙える魚です。

しかし、港などからは釣る人も多いため、小さなカレイしかかからないことが多いです。

船で沖に行くほうが良く釣れ、良型のカレイが狙えます。


用意する道具

カレイ釣りに必要な道具は以下の通りです。

竿:船で釣る場合と陸から釣る場合とで変わりますが、船で釣る場合は短めの竿を用意したほうが良いでしょう。

陸からの場合は、遠くに投げられるように遠投用の竿を用意しましょう。

エサ:一般的にはイソメを使用します。

イソメにも種類があり、塩イソメ、生イソメとありますが、オススメは生イソメを購入して、自分で塩イソメにする方法です。特に難しいことは無く、購入した生イソメに塩をまぶし、1日待つだけです。水分が抜けて、イソメが硬くなり、針につけやすくなります。

仕掛け:カレイの種類によっても異なりますが、一般的には天稟仕掛けがよいとされています。カレイは派手な仕掛けを使う事が多いですが効果として賛否両論あります。LED発光するものもありますので数本の竿を出す場合は色々試してみるのも楽しみです。

【Lucky Style】 LED 集魚灯 夜釣り ナイトフィッシング 釣具 レインボー 6cm 2個 セット


釣り方

陸から釣る場合は、出来るだけ遠くに飛ばすことを意識します。

どの魚もそうですが、広い海の中で魚が集まる場所があり、その場所にうまく投げることが出来れば多くのカレイを釣る事が出来ます。

ただし、遠投する場合にはイソメが外れてしまう場合もありますので、注意が必要です。

出来るだけイソメが外れないように注意して投げる技術が必要です。

アタリが来た場合、竿がしなりますが、一度しなってからはあまり反応がなくなるので、釣れているかどうか判断が難しいです。「アタリが来たかな?」と思った場合は、すぐに巻いたりせず、軽く巻いて重さを確認してみるとよいと思います

船から釣る場合は、そのまま自分の足元に垂らすようにして、アタリが来るまで竿を上下に揺らします。

そうすることで、カレイがエサを見つけやすくなります。

アタリがきたら、ゆっくりと糸を巻いていきましょう。あまりすばやく巻くと勢いで針が口から取れてしまうこともあるので、注意が必要です。

カレイは煮ても焼いても美味しい魚です。是非、沢山釣ってみて下さい!


今回のまとめ

  • 各地で釣れる!カレイ釣り🐟
  • 北海道で釣ることが出来るカレイの種類
  • 釣れる時期
  • 釣れる場所
  • 用意する道具
  • 釣り方

スポンサーリンク