コイ釣りを楽しもう

コイ釣りを楽しもう

たいていの湖や川にすむコイは、川釣りの対象として最適です

難易度もそれほど高くなく、大物もたくさんいますので、手軽に大きな魚をねらう釣りを体験してみたいという人にぴったりです。

道具をそれほど揃える必要もなく、釣具屋さんで売っている「入門セット」を片手に、気軽に楽しめる釣りなのです。

ミミズなどの虫エサを使う必要もなく、パンでも釣れてしまいます。

近所の川でもできるコイ釣り、是非はじめてみませんか?

また、釣りの経験がある方にもコイ釣りはおすすめです。ウキを使った釣り、投げ込み釣り、パンを浮かせたリール釣りなど、今までに体験したことのないようなエキサイティングな釣りができます。

大きなコイになると、リールが悲鳴をあげて、巨コイとの格闘のような釣りを体験することになるでしょう。


コイ釣りの道具 (入門編)

・振り出しの万能竿 3~4メートル

釣具店で入門セットとして売られているようなもので大丈夫です。

コイは比較的大きく、引きが強い魚なので、店員さんにこれでコイを釣っても大丈夫か確認するようにしてから買うようにしてください。

ニジマスを釣るような竿がすでにあれば、それで釣ることもできます。

・エサ

練りえさ 蒸しパン  芋ようかん ミミズなどの虫エサ

コイは雑食性なので、何でも食べますが、手が汚れず、においもつかない蒸しパンや芋ようかんを適切な大きさにちぎってハリにつけるだけで釣れてしまいます。

エサが手軽なのも、コイ釣りの魅力の一つです。

・仕掛け(ウキ釣り仕掛け)

釣具屋さんで売っている「川五目釣り」仕掛けで、ウキがついていて、コイ・フナと書いてあるものを選びましょう。

ラインの太さだけ、注意してください。0.4号 といったように1号以下のラインの場合は、もうちょっと小さなサイズの魚向けです。

1号程度のラインを使った仕掛けであれば、大きなコイがかかっても、大丈夫です。

仕掛けセットには、釣りに必要なものがすべて入っています。セットの説明をよく読んで、釣り竿にセットしましょう。


釣り方

エサをちょうどいいサイズにちぎって、ハリにつけます。

練りえさやパンの場合は、ハリをすっぽり覆うくらいにつけましょう。

魚がエサを食べると、ウキが動きます。

ぴょこぴょこ動く場合もありますし、一気に沈むこともあります。

いろいろなアタリがあるのですが、初めてのときは、ウキが動いたらすばやく竿をあげて、ハリをかけるということを意識してみましょう。

慣れてくると、ウキの動きによって、魚の大きさや種類、竿をあげてあわせるタイミングがわかってきます。

同じウキの動きはありません。

これが釣りの楽しみといってもよいでしょう。自分だけの技を磨いていってください。

ウキが動いても、なかなか釣れない場合は、エサの位置が浅すぎるか深すぎるので、ウキをとめているゴムを上下に動かして、深さ(タナ)を調整します。

また、エサの大きさが原因のときもありますから、ハリ先にちょんとつける程度に小さくエサをつけて試してみてください。

※ポイント

コンクリートブロック、杭、などの障害物まわりの、奥にむかってゆるやかに深くなってゆくところ(カケアガリと呼びます)が、ウキ釣りのポイントです。

流れのある川では、泳いでいるコイが見えるところか、一定の深さがあってゆるやかに流れているところがポイントです。石も障害物もなく、水深が数十センチのところに魚はあまりいません。


いろいろな釣り方(中級編)

リール竿を使うことができて、ある程度経験のある人向けの釣りです。

・吸い込み釣り

5~8号のオモリをつけ、練りえさをコイの吸い込み仕掛けに団子のようにつけて遠くに投げ込みます。コイが吸い込み仕掛けを食べて、ハリにかかると(アワセの必要はありません)、竿先がぐんぐん動きます。

待ちの釣りですが、大物を狙うことのできる釣りです。リールのドラグが悲鳴をあげる、巨コイの引きを楽しむことができるでしょう。

・パンの浮かせ釣り

パンをちぎったものを水面に浮かせて、流します。コイが水面下からエサを一気に食い込む瞬間は、心臓が破裂しそうだという人もいるくらい、興奮度の高い釣りです。

エサを流すため、リールつきの竿が適しています。

ウキをつける必要はありませんが、目印かわりにつけてもOKです。

ハリと糸に負けないよう、パンを大きくつけて、コイが時折水面のエサを食べているような淀みにパンを流しましょう。

フライフィッシングの道具でもこの釣りをすることができます。

大きなマスやサーモンを狙う前の練習として、フライフィッシングをやる人の間で、隠れた人気を誇るのが「パンの浮かせ釣り」です。

コイはなかなか賢いので、ラインに負荷がかからないように、自然に流すのがコツです。


今回のまとめ

  • コイ釣りを楽しもう
  • コイ釣りの道具 (入門編)
  • 釣り方
  • いろいろな釣り方(中級編)

スポンサーリンク