コテージに泊まろう

コテージに泊まろう

コテージは1棟ずつ、独立している宿泊施設のことを言います。丸太や板材で作られている建物が多いです。

基本的に1棟の中にキッチン、リビング、寝室として使用する部屋がいくつかあります。

設備は洗面、トイレ、浴室があり、キッチンは調理器具や食器なども揃っています。

自炊型の宿で生活設備が一式揃っているということです。


ロッジ、ログハウス、コテージの違い

設備の種類やグレードによって呼び方がかわりますが、生活設備は一式揃っている独立型の宿泊施設という面では同じになります。

キャンプ場に併設してある場合が多く、野外でテントに泊まることに慣れない方は利用するといいでしょう。


料金設定

料金設定は1棟をまるまる借りるという考え方ですので、1人いくらではなく1棟いくらということになります。

料金は様々で15,000円~30,000円くらいが平均した金額です。


コテージの利用方法

家具や家電、トイレなどの設備が充実していて、部屋数もありますので、大人数で利用するのに向いています。

規模によっては10名ほども宿泊できる場合もありますので、仲間や家族で利用するといいでしょう。

食材だけを持参すれば宿泊できるので、何といってもお手軽にキャンプができるというわけです。


コテージの利用方法②

場所によっては夕食を用意してもらえる場合もあります。

チェックインは12~15時が多いです。

大人数で宿泊するメリットに、騒いでいても隣と隣接していませんのでテントで宿泊する場合ほど

まわりのことを気にしなくてもよいでしょう。キャンプ場の就寝時間はわりと早いので、モラルの範囲内で大騒ぎができるのがコテージのメリットです。


コテージのチェックアウト

コテージのチャックアウトは10時ぐらいが多いです。テント泊と違い道具の片づけも少ないので朝はゆっくりできることでしょう。


コテージのメリット

食事は基本的に自炊するというのが、コテージのスタイルですので皆で分担しながら、好きなものを作りましょう。

プライバシーが守られているので、別荘のような感覚で楽しむことができます。

オートキャンプに行くとなると、テント、イス、テーブル、ランタン、調理器具など様々なアイテムを揃えなければなりませんがコテージを利用すると食材だけで気軽に行くことができます。また気候にも左右されませんので、真夏の暑いとき、冬の寒い時期はエアコンをかけたりすることができます。突然の雨にもあわてる必要がありません。


コテージキャンプ

キャンプと言えば、オートキャンプが根強い人気で定番ですが、近頃ではコテージキャンプと呼ばれるコテージに宿泊するキャンプも若い人や家族連れに人気がでてきています。

大自然の中で日常のことを忘れ、リラックスするにはコテージを利用するキャンプは本当に心身ともに休める至福のときかもしれません。


今回のまとめ

  • コテージに泊まろう
  • ロッジ、ログハウス、コテージの違い
  • 料金設定
  • コテージの利用方法
  • コテージの利用方法2
  • コテージのチェックアウト
  • コテージのメリット
  • コテージキャンプ

スポンサーリンク