紅茶で作る簡単燻製!出がらしでもOK!

紅茶で作る簡単燻製!出がらしでもOK!

tea

燻製 にかかるコストを最大限に節約したい!お試しで1回だけチャレンジしてみたい!

そんなときはお手持ちのフライパンと 紅茶 でできる燻製がオススメです。

今回は、紅茶で作る簡単ベーコン風燻製レシピをご紹介します。


紅茶で作る豚バラの燻製

まずはスモーカーを作りましょう

お手持ちのフライパンをアルミホイルできっちりと包みます。同じ直径のフライパンがもうひとつあれば、そちらも包んでおくとフタ代りに使えて便利です。

包んだフライパンの上に焼き網を乗せればそれだけで簡易スモーカーとして使用できます。

◆材料

豚バラブロック……完全に火を通してから燻製するので、扱いやすい大きさであればどんなサイズでも大丈夫です。厚みが均等なものを選ぶのがポイントです。

紅茶の茶葉……大さじ3杯

未使用のものがベストですが、出がらしでも使えます。その場合は、必ず完全に乾かしてから使うようにしましょう。

乾燥させるには、キッチンペーパーを敷いたお皿の上に茶葉を広げて電子レンジで乾燥させるのがオススメです。

茶葉は焦げやすいので注意が必要です。

茶葉の種類は問いませんが、アールグレイやセイロン(ハイグロウン)等の香りが強いものが良いでしょう。


Janat ジャンナッツ アールグレイ 2g×100P

ただし、フレーバーティーは避けたほうが無難です。

香料が加熱されることでヘンな匂いになってしまうことがあります。

(A)

塩……肉の重量の4%

砂糖……塩の半分

(1)

粒こしょう・お好みのハーブ……適量

にんにくのすりおろし……小さじ1

酒……適量
  1. を混ぜ合わせたものを豚バラ肉によくすり込みます。時間があれば、1日ほど寝かせるのがベストです。

豚バラ肉を熱したフライパン(スモーカーに使う物とは別のフライパン)で焼き目をつけていきます。全体にまんべんなく焼き目がついたら引き上げて、ジップロック等の密封袋に入れて空気を抜きます。

次に、鍋にたっぷりお湯を沸かし、袋に入った肉を静かに沈めます。1分ほど加熱したら火を消し、フタを閉めて余熱で30分~1時間ほどじっくり火を通します。

これはポットローストの作り方と同じ要領ですが、燻製にしたときに表面が固くなりにくく、しっとり仕上がるのでオススメの方法です。

手を入れられるくらいまでお湯が冷めたら、肉を取り出して水分をしっかり拭き取って2~3時間ほど風乾します。


肉の下ごしらえができたら、いよいよ燻製です

アルミホイルで包んだフライパンの底面にもう一枚ホイルを敷いて、茶葉をまんべんなく広げます。さらにその上から、穴を数か所開けたホイルをかぶせます。

焼き網に肉を乗せ、中火で20分ほど燻煙します。茶葉はチップ等に比べて煙が出るのが早い分焦げ付きやすいので火加減には注意しましょう。

ふんわりと色がついたら茶葉を取り出して、10分ほど熱乾燥させて香りを落ち着かせます。

冷蔵庫で1晩寝かせると、色と香りがもう一段階深くなりますよ。

紅茶で作る燻製は、チップ等の燻材に比べて香りが上品に仕上がるため、お子さんや燻製を食べ慣れない人にもオススメです。

豚バラ以外にも、ゆで卵やチーズ(クリームチーズがオススメ!)でも美味しく仕上げることが出来ますので、是非チャレンジしてみてくださいね。


まとめ

紅茶で作る簡単燻製!出がらしでもOK!
紅茶で作る豚バラの燻製
肉の下ごしらえができたら、いよいよ燻製です

スポンサーリンク