燻製の作り方!必要なものは?

kunseitukurikata最近では、燻製バーなど燻製を楽しむことができる場が増えつつありますが、アウトドアを楽しむ方なら一度は自分で燻製を作りたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

燻製を作るのって難しそう 」という方や「 今まで料理をしたことが無い…… 」という人も、燻製なら簡単に作ることができるんですよ!

自宅でも燻製を作ることが出来ますが、大量に煙が出ることを考えると、燻製作りはやっぱり屋外の方が良いでしょう。

今回は、燻製の作り方 をご紹介したいと思います。


【はじめての燻製は熱燻がオススメ】

一口に燻製と言っても、いろいろな作り方があるってご存知でしょうか?

燻製は煙を使って、食べ物を燻すことですが、煙の熱によって調理方法が変わります。

はじめて燻製を作る方にオススメしたいのが一番簡単な【 熱燻 】です。

温度を調整する必要もほとんどなく、燻製にするための下処理にかかる時間も少ないため、はじめて燻製を作る人は、ぜひ熱燻にチャレンジしてみてください!

燻製の基本は、大量の煙で食材を燻すことです。

燻製を作るためには「 チップ 」と呼ばれる煙を出すための木片を使いますが、このチップを使って”燻す ”ということが重要で、燻製の香りと味を決定づけます。

ある程度上達すると、燻す食材によってチップを選んだりもしますが、はじめて燻製を作るのであれば、サクラのチップを使うことをオススメします。


【次は食材を準備しよう】

美味しい燻製を作るためには、食材選びが重要です。

どんな食材でも燻せば美味しくなりますが、熱燻をするのなら熱い煙でいぶされても溶けないような食材がオススメです。

温度を気にせず熱い煙で燻す熱燻の場合は、チーズは不向き。

どろどろに溶けてしまうので、燻製初心者の方はチーズは止めておいた方が無難でしょう。

さて、それではどんなモノが食材が良いかというと『 練り物l 』や『 ウインナー 』『 ナッツ類 』などです。

以外に思われるかも知れませんが、ちくわやごぼ天、かまぼこなどは熱燻にぴったりです

また、燻製の王道的な存在のウインナーも癖のある燻製の香りがついて、よりウインナーのうま味を引き出します。

そして、どんなお酒にも合うナッツ類は熱燻によって、ナッツ類にさらにうま味プラスします。

これから燻製に挑戦しようと考えている方は、ぜひこの3つの食材から燻製をはじめてみてはいかがでしょうか?


【フライパンでも燻製は出来る!】

燻製と聞くと敷居が高いように思われますが、フライパンを使えば簡単に燻製を作ることが出来ます

準備するもは、フライパンと100均などで売っている調理用の網と、アルミホイルガスコンロ

ガスコンロの上にフライパンを乗せ、チップを一握りほどフライパンの上に乗せ、中火でチップを温めます。

チップから煙が出る前に、フライパンに網を乗せ、その上に燻製にする食材を乗せ、フライパンを覆うようにアルミホイルをかけて、中火のまま30分間放置するだけでOK!

フライパンの中でチップが熱され大量の煙がでることで、食材が燻され、独特の香りと味がつきます。

たったこれだけのことですが、食材の味は大きく変わり。

ウイスキーにもビールにもぴったりな美味しい”燻製 ”へと大変身しますよ!

興味がある方は、ぜひフライパンを使っての燻製作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

本格的にしたい方にはこちらがおすすめです。

ユニフレーム フォールディングスモーカーFS-600


 今回のまとめ

燻製の作り方に必要なもの
はじめての燻製は熱燻がオススメ
次は食材を準備しよう
フライパンでも燻製は出来る!

スポンサーリンク