燻製をグレードアップ!あると便利なアイテムたち

燻製をグレードアップ!あると便利なアイテムたち

燻製を作るのに必要な道具は、意外と多くありません。

スモーカー、チップ等の燻材、金網。これさえ揃っていればあとは家庭にあるものでほとんどまかなうことが出来ます。

でも、ちょっとした道具を揃えることで、いつもの燻製をグレードアップすることができます。「なくてもいいけど、あれば便利」今回はそんなアイテムをご紹介します!


干し網

食材を干すときに使います。夏は気温が高いのであまり外に干すことはできませんし、冷蔵庫でも乾燥できるから……と思っていましたが、やはり燻製は風にあてて乾燥するのが一番!特に卵やチーズは、風にあてるのが一番乾きやすいようです。

それに、冷蔵庫での乾燥はスペースをかなり使いますし、匂い移りも心配ですよね。

それを解消できるという意味では、ひとつ持っていると重宝します。


温度計

庫内の温度を測るのに使います。

油温計で代用していましたが、タールのついた先端を掃除するのが面倒……という理由で、燻製用の温度計を購入するのがいいでしょう。

温度を測る部分が短いので、食材にぶつからないのがとても便利です。

また、「冷燻・温燻・熱燻」の温度の目安が表示されているのも高ポイントです。

今まで「なんとなく」で火加減を調整していた方も、温度計を使うと格段に失敗が減るのでおすすめです。


ピートパウダー

ピートとは植物等が堆積してできた「泥炭」と呼ばれるもので、ウイスキーの「スモーキー・フレーバー」のもとになるものです。

スモークウッドやチップに少量加えることで深みのある良い香りの燻製ができます。

チップよりはお高いものですが、一度に少量しか使わないのでなかなか減りません。

そういう意味では、そこまで割高という印象はありません。

それに、ピートの香りがうまく乗った燻製は、いかにも上級者!といった味わいです。

燻製に慣れてきたら挑戦してほしいアイテムです。


脱水シート

包んでおくだけで食品の水分を吸収してくれるシートです。

包んで冷蔵庫に入れるだけなので、暑い時期でもしっかり食材を脱水することができます。

単価がかなり高く販売店も少ないので、購入を長らく躊躇していたアイテムです。

ですが、実際に使ってみると、「何故いままでコレを買わなかったのか…!」と後悔するレベルの便利さでした。

これを使うと、冷蔵庫が燻製待ちの食材でパンパンになるということもありません。

魚介類であれば、1時間もあれば風乾が完了し、すぐに燻製に入ることが出来ます。

食材を衛生的に、かつ手早く風乾できるのは嬉しいですね。


今回のまとめ

  • 燻製をグレードアップ!あると便利なアイテムたち
  • 干し網
  • 温度計
  • ピートパウダー
  • 脱水シート

限られた道具で楽しめるのが燻製の良いところですが、便利アイテムを使うことで燻製をよりグレードアップできます。

慣れてきたのでもっと大物を燻製したい……という時に、力強い味方になってくれますよ!

スポンサーリンク