まるでチーズのような味わい?燻製豆腐チーズ

kunseitoufu

燻製 といえば、豚肉や卵やウインナーなどが有名ですが、日本のあの食材だって立派な燻製になるんです!

その食材とは「 豆腐 」。

味噌汁や冷奴になる豆腐も、美味しく燻製にすることで チーズ のようなねっとりとした食感の味わい深い燻製豆腐チーズを作ることができます!

ただし、燻製豆腐チーズを作るのは、ちょっと難しいのでしっかりとご紹介する方法を覚えて作ってみてくださいね。


【 燻製豆腐チーズの作り方 】

ふつうに食べても美味しい豆腐を、燻製にすることでねっとりとした、まるでチーズのようなコクのある豆腐にすることができます。

燻製豆腐チーズの材料

  1. 木綿豆腐 1丁
  2. 粗塩 10グラム

材料はたったこれだけ。

豆腐は当たり前ですが、とても崩れやすいので扱いには注意してくださいね。

1、豆腐に塩を塗りこむ

絹ごしではなく、木綿のお豆腐を使いましょう。

パッケージから木綿豆腐を取り出し、全体に塩を塗りこみます

2、塩を塗りこんだ豆腐から水気を抜く

残念ながら、そのままの豆腐を燻製にすることはできません。

豆腐を燻製にするには、豆腐から水気をしっかりと抜かないとダメ。

豆腐の水分を抜くために、豆腐が崩れないように注意しながら、重りをのせて半日ほど放置しておきます。

豆腐全体から水分が抜けるように、豆腐の上にラップやアルミホイルを敷いてからおもしなどを乗せると良いでしょう。

3、水気を抜いた豆腐を燻製する

しっかりと水気を抜いたお豆腐をけむりで燻します。

豆腐1丁を燻製にするのであれば温燻で1時間、熱燻で15分くらい燻製しましょう。

今回は水気を抜いた豆腐を燻製器に入れて、70~80度で熱燻をします。

粗熱をとって、半日ほど冷蔵庫で燻製にした豆腐を寝かせれば燻製豆腐チーズの完成です。


【 燻製”味噌 ”豆腐チーズの作り方 】

豆腐の燻製にもっとコクや深みが欲しいという方は、燻製”味噌 ”豆腐チーズを作ってみてはいかがだろうか?

濃い味付けの燻製になるので、アウトドアには持ってこい!

さらにフランスパンや焼きおにぎりなど、いろんな食材に合うので、大勢の人が集まるアウトドアには断然、燻製味噌豆腐チーズがオススメ。

準備するものや、燻製豆腐チーズと水気を取るまでは同じです。

1、水気を抜いた豆腐に味噌を塗りこむ

燻製味噌豆腐チーズを作るときには、水気を抜いた豆腐に味噌をたっぷりと塗って、ジップロックなどに入れて1日寝かせます。(味噌は白味噌を今回は使います)

2、味噌を塗りこんだが豆腐を乾燥させる

水気を抜いて、味噌を塗りこんだ豆腐に塗りこんだ味噌を軽く拭き取ってから、日陰か冷蔵庫の中で半日ほど乾燥させます。

3、乾燥させた豆腐を燻製にする

乾燥させた味噌豆腐を、燻製器にセットして1時間ほど70~80度の煙で熱燻にします。

熱燻にした燻製味噌豆腐チーズを、冷蔵庫の中で1日ほど寝かせることで味に深みが増します。

出来上がった燻製味噌豆腐チーズを、そのままお酒のツマミにしたり。

カナッペのように、クラッカーの上に乗せるだけでも十分美味しいですし

おにぎりに合わせても美味しいですよ!


今回のまとめ

まるでチーズのような味わい?燻製豆腐チーズ
燻製豆腐チーズの作り方
燻製”味噌 ”豆腐チーズの作り方

スポンサーリンク