カスタマイズ可能!ダンボールスモーカーのススメ

カスタマイズ可能!ダンボールスモーカーのススメ

燻製に挑戦したい!と思ったときにハードルになるのが道具の準備。

スモーカーや燻材、フックを揃えるのはそれなりの出費になります。

そんな時におすすめなのが、ダンボールを使ったスモーカーです。ダンボールであれば汚れたら捨てることが出来ますし、何よりとてもコンパクトに畳まれていますのでアウトドアに持ち出してもかさばりません。ひととおりの道具がセットされていて、金属製のスモーカーよりも手ごろな価格で購入することができます


自作も出来るダンボールスモーカー

金網や金串があれば、自分好みの大きさのスモーカーを自作することも可能です。スモーカーの仕組みを知れば、ダンボールで本格的なスモーカーをより安価に作成することもできますよ。

まず、一番重要なのはダンボールの選び方です。

ある程度の高さがあるものを選ぶか、ガムテープでつなぎ合わせて高さを出す必要があります。これは、熱源からある程度の距離がないと、食材に火が入りすぎてしまうためです

スモーカーはある程度大きめにしたほうが、余裕を持って食材を並べることができますし、煙もまんべんなく回るように感じます。

また、ある程度厚みのあるダンボールを使うことで安定感が増します。角をガムテープ等で補強するのもおすすめです。

準備ができたら、ダンボールの横から金串をまっすぐ貫通させて、その上に網を並べれば簡易スモーカーとして使うことができます。

食材の重さにもよりますが、金串は多めに刺したほうが網がぐらつきません。

ダンボールの強度を見つつ、食材を乗せていきましょう。


ダンボールスモーカーは温燻に最適

ダンボールスモーカーは紙製なので、当然熱にはあまり強くありません。

豆炭を使ったりコンロでの熱燻も不可能ではありませんが、安全性はかなり落ちますので避けたほうが無難です。

ダンボールスモーカーの場合はスモークウッド(以下ウッド)を使った温燻が一番おすすめです。卵やチーズ等、温燻に向いている食材は幅広いので色々と試す楽しみもありますね。

ここで気をつけたいのがウッドの立ち消えです。ウッドはお線香と同じ原理で、いったん着火したらじりじりと燃え進んでいきますが、途中で火が消えてしまうこともあるようです。ウッドの立ち消えを防ぐためには、まず全面が赤くなるまで焼いてからスモーカーに入れることをおすすめします。

そして、もうひとつのコツは空気の通り穴を作ってやること。アルミホイルを丸めてボール状にしたものを何個か作り、アルミ皿に入れます。その上にウッドを置いて、下にも空気が回るようにしてやることで立ち消えしにくくできます


ダンボールスモーカーを楽しむための注意点

作り方によっては、かなり本格的な燻製を楽しめるダンボールスモーカーですが、安全のためにもいくつか注意が必要です。

・風に飛ばされないように注意する

・ダンボールが過熱していないか、こまめに確認する。熱源とダンボールが近づきすぎていないかも注意する。

安価に作成することができるので、自分好みにカスタマイズするのも楽しいものです。

是非試してみてくださいね!


今回のまとめ

  • カスタマイズ可能!ダンボールスモーカーのススメ
  • 自作も出来るダンボールスモーカー
  • ダンボールスモーカーは温燻に最適
  • ダンボールスモーカーを楽しむための注意点
スポンサーリンク