キャンプ場に持って行きたい道具と注意するべき点とは?!

kyanpu-dougu

夏に家族で遊びに行くなら キャンプ ですが、キャンプ場はどこに行けばいいのか?どういったものを持っていけばいいのか?キャンプ場で気を付けるべき点は何なのか?などといった疑問を持つ人も多いことでしょう。

特にアウトドア初心者の人は不安を持つのも当たり前です。

ここでは、アウトドア初心者の人でもそういった事に困らないよう、準備しておくべきポイントと 道具 について書いてみたいと思います。


【キャンプ場選び】

まず、キャンプ場選びですが、初心者ならオートキャンプ場がいいでしょう。

広い敷地に車を置いて、テントを張ってキャンプ出来るところです。もちろん、トイレの他に炊事場などもありますので、初心者向けのキャンプ場と言えるのではないでしょうか。


【小道具】

次に、キャンプの際の持ち物についてです。

キャンプというのは屋外での食事を意味していますので、必要なものとしてバーベキュー用に使えるものを流用しましょう。

テーブルやいす、コンロや炭などを用意する必要があるでしょう。

なお、テーブルに関しては調理台として使う事もできます。

フライパン、鍋や調理グッズについては屋外で使ってもいいものを持っていくようにしましょう。

最近流行りのダッチオーブンなどを持って行くのもいいかも。

もし食器類を忘れてしまうと、食べるのが大変という事になってしまうので要注意です。

また、クーラーボックスがあれば食材が傷む心配もないので重宝します。

あと、忘れてはいけないのがゴミ袋でしょう。自分達が出したごみは自分達で持ち帰るようにしたいものです。

テント道具にはテントの他にテント用マットやグランドシート、ハンマー、やタープ、ペグなどがありますので、アウトドア初心者の方はアウトドア用のショップなどで相談してみるといいでしょう。

また、寝袋で寝るかと思いますが、枕や毛布もあれば快適に眠る事が出来るでしょう。


【便利グッズ】

次は、あれば便利な持ち物についてご紹介しましょう。

まずは虫除けです。これは夏以外にもあれば大変安心できます。

さらに、トイレットペーパーもあると何かと便利だと思います。

また、新聞紙も火おこしの際には必須のアイテムでしょう。寒い時期に寝袋の中に敷いておけば、かなり暖かく過ごす事ができます。

カッパは 急な雨の時に重宝するグッズです。

レインウェアはレインスーツタイプがおすすめ。お尻までカバーしてくれるので、お尻が濡れるような事はありません。

S字フックも持って行くと便利でしょう。木の枝に引っかけたりすれば、ちょっとしたものを掛けることが出来ますよね。

水着も持って行くと便利でしょう。夏場にキャンプ場の近くに泳げるところがあれば、 水遊びがしたくなるでしょうから。

コーヒーもぜひ持って行きましょう。インスタントでもOKです。毎日家でコーヒーを飲んでいるならぜひキャンプ場でも飲みたいですからね。


【気をつけたいこと】

最後にキャンプ場で気を付けたい事についてです。

とにかく、怪我をしないように細心の注意を払うようにしたいものです。オートキャンプ場と言っても自然を相手にするわけなので、サンダルばきだと怪我をすることもあります。ですので、しっかり足をカバーしてくれるスニーカーや、登山靴タイプを履いていきましょう。

次に大事な事は、火の始末には最大の注意を払う必要があります。

キャンプ場で出たごみはちゃんと家に持って帰るようにし、マナーをきっちりと守った上で、楽しいキャンプをしましょう。

まとめ

キャンプ場に持って行きたい道具と注意するべき点とは?!
キャンプ場選び
小道具
便利グッズ
気をつけたいこと

スポンサーリンク