キャンプ中の夜のおつまみで華を咲かせる

キャンプ中の夜のおつまみで華を咲かせる

kyannpu-otumami

春夏秋冬、どの季節にもいろいろな楽しみがある キャンプ ですが、

キャンプの醍醐味、思い出に一役かってくれるのは、やっぱりキャンプ料理です!

昼間のメイン料理に、こだわってしまいがちですが、キャンプ中の夜こそ「美味しいおつまみ」を片手に、満点の星空の下、思い出を作りたいものです。

そこで今回は、キャンプの夜にぴったりの美味しいおつまみをご紹介します。


材料はそんなにこだわりません!

なんといってもキャンプですから・・・食材だってそのために用意していたら、大変です。

それでは、美味しい「おつまみ」作りのご紹介です。

キャンプ中に食材なんて。。。そんな悩みも解決する、

一石二鳥の素敵なおつまみです。

<準備するもの>

  • フレッシュレタス(2分の1玉)、トマト、にんじん、ピーマン
  • 昼間の食材の余りもの
  • ソース、ドレッシング、焼き肉のたれ、マヨネーズ、ケチャップなど
  • トマト(1個)
  • 塩、コショウ、しょうがチューブ、ハーブ
  • ジン、赤ワイン

材料はほぼこれだけです!

これだけそろえば、いろいろな味の夜の絶品おつまみが作れるんです。

大切なのは、食材よりもソース!そこで、いろいろなソースもあわせて

ご紹介していきます。

<ポイント1>

それぞれの材料での「ソースの作り方」をご紹介します。

大人ソース
  1. アルコール(あればジンが理想的)
  2. マヨネーズ100グラム

始めに「マヨネーズ100グラム」とアルコール(ジンの場合はキャップ2杯)を

綺麗に混ざるまで混ぜ合わせます。これでマヨネーズソースの完成です!

次に、混ぜ合わせた「マヨネーズソース」に塩気が足りないので、好みの塩気になるまで

塩を少しずつ足して調整していきます。

大人ソースはこれで完成!

万能ソース
  1. 焼き肉のたれ50グラム
  2. ドレッシング10グラム(青じそドレッシング以外ならなんでも大丈夫!)
  3. チューブのショウガ少々
  4. 塩少々

1~4を混ぜ合わせれば万能ソースの完成です!

(刻みネギなんかを入れるとパンチが効きます!)

おしゃれソース
  1. ケチャップ(50グラム)
  2. マヨネーズ80グラム
  3. ハーブ(なんでも大丈夫ですがミントが意外と合います!)
  4. 赤ワイン(キャップ1杯10cc)
  5. 塩、コショウ少々
  6. みじん切りの野菜(ニンジン、ピーマンなどなんでも大丈夫!)

※あればですが、砂糖20グラム(入れない場合は少し酸味の効いた仕上がりになります)


【関連記事】

キャンプ中のちょっとした簡単おつまみ集


次は、「おつまみ」の食材の調理です

とはいっても、ほとんど手間はかかりません!テーマは「時短料理」です。

  1. フレッシュレタスをちぎる
  2. 昼間の食材の余りものを炒める(下味はつけません!)
  3. トマトをサイの目に細かく切る(1cm角くらいが理想です)
  4. ちぎりレタスを敷いて2の材料を乗せる
  5. 上からソースをかける
  6. 刻んだトマトをちらす

手間がかからない分、この順番が大切です。

混ぜて食べるので、順番は関係ないように思われがちですが、ソースは下の食材に

よくしみこみます。そして、一番上のトマトは、食べ物を美味しく感じさせる効果があります。

最後に、途中でかけたソースは間に挟まれることで、まんべんなく広がってくれるのです。

これで、昼間の材料もうまく使った、美味しい夜のおつまみの完成です!

少し豪快な料理が楽しめるのが、キャンプのいいところでもあります。

専用の道具を使わずに、美味しいおつまみを作るのも、工夫次第で実は出来るんです。

野菜が多めでヘルシーなのに、ソース次第で、「さわやか系」にも、「ガッツリ系」にもなります!

家族のキャンプにも、仲間同士のワイワイキャンプにもどんな場面でも夜に賑わいや華やかさを演出してくれます。

夜のキャンプの良い思い出に、美味しい「おつまみ」で楽しい夜を過ごしませんか??


まとめ

キャンプ中の夜のおつまみで華を咲かせる
材料はそんなにこだわりません!
次は、「おつまみ」の食材の調理です

スポンサーリンク