オートキャンプ場利用時の留意点をご紹介!

 kyannpujyou

自分の車を利用して キャンプ場 を利用できるオートキャンプ場は、駐車場探しの心配もなく、またキャンプ用の道具や食材等運びやすい等々があり、特にキャンプ施設利用経験初めての方や初心者の方には利用しやすいキャンプ場と言えます。


【季節によって注意】

しかし、便利なオートキャンプ場といっても、やはり注意しておいた方が良い事項は勿論あります。では具体的にどのようなことを留意しておけば良いのか、特に初心者の方々にお伝えして起きたい留意点をご紹介致します。

1.チェーンを積んでおくようにする

秋から春にかけて特に標高が高い地域にあるオートキャンプ場は気候が急変する場合もあり、季節外れの雪に見舞われる可能性もあります。
5月でも寒期が降りてくることもあり積雪になることがあります。
 従って万一雪が降っても困らないようにするためには、オートキャンプに出掛ける場合は常時タイヤのチェーンを積んでおくことを心掛けるようにしましょう。

2.緊急時の保険会社の連絡先メモは車検証と共に

また、オートキャンプ場そのもの、およびその周辺道路は必ずしも十分整備されているとは限りませんので、パンクや倒木によって道路がふさがれる等のトラブルに見舞われやすいと言えます。
その上、給油所や整備工場といった施設が近くにない場合が多いので、車のトラブルが発生しても困らないよう、自動車保険に付帯しているロードサービスを利用する場合の連絡先等は確認するだけでなく、その電話番号が記載されたペーパーごと車検証と一緒に保管しておくと良いでしょう。

3.過剰な荷物の積み込みにならないよう心掛ける

オートキャンプの良さは、キャンプに必要な荷物をキャンプ地まで直接車で運べる点が挙げられます。
しかし、そのためついつい「あれもこれも」と欲張り、過剰な荷物の積み込みとなりがちです。そうなると結局、「あの道具は持ってきたか」といったことがわからなくなったり、探すのに手間取ったり、持ってきた道具そのもののことを忘れてしまうといったことになりかねません。

従って「必要最小限」の荷物にする必要こそありませんが、本当にその荷物が必要かどうかはしっかりと考えた上で、過剰な荷物をできるだけ車に積み込まないよう心掛けたいものです。


【自動車の点検】

その他にも、例えばこれはオートキャンプ利用時に限った訳ではありませんが、車の走行前点検が必要なことは言うまでもありません。特にブレーキランプのチェックは欠かさないようにしましょう。また、軽視されがちなのがウインドウウオッシャー液の補充ですので、これらの点も点検や補充を忘れないようにして下さい。

オートキャンプはとても楽しいものです。その楽しさを満喫するためには、やはり事前の備えと注意がとても大切だと言えます。


今回のまとめ

オートキャンプ場利用時の留意点をご紹介!
季節によって注意
自動車の点検

スポンサーリンク