キャンプをより快適にするオプショングッズ5選

kyanpu

キャンプ 用品の必需品は、いまやどこでも調べることができますし、そこに書いてある通りです。

今回は、キャンプのプラスアルファを提供する便利グッズ、5つをご紹介しましょう。


【車中泊専用マット】

まずは、オートキャンプに圧倒的なおススメがこれ!

車中泊専用マット〜〜〜〜」(※ドラえもん調)

車のシートは、基本的に座って移動する時のことを考えているので、ワンボックスのフルフラットシートは名ばかり。絶対、フルでフラットにはなりません。

いざ、車に寝てみようと思うと、これがどうしてけっこう凸凹して寝つけないことに誰しもが気づくことでしょう。

タオルをひいてみたり、いろいろするのですが、まず、あの凹凸を克服することは、ほぼ不可能です。

その凸凹を解消してくれるのがこれ。

車中泊専用マット〜〜〜〜」(※再びドラえもん調)

一目瞭然。車を本格的な寝やすいベッドにするもの。

これで、子供たちだけ車に寝るとか、あるいは男女グループでも、車を1人〜2人用の宿泊施設として使うことができ、テントは広々。

また、ビンボーな一人旅には必需品です。


【カセットガスランタン】

次は、ランタンの章でも解説しましたが、

カセット・ガスランタン!!」(※ガッチャマン・科学忍法調)

LEDのランタンは便利で、テントに持ち込んでも安全ですが、残念なことに明度は、まだまだいまひとつ。メインの照明にはなりにくいというのが正直なところ。

やはり、メイン照明はガスかガソリンランタンです。

そこでとにかく便利なのが、普通のカセットコンロ用のカセットが使えるツーウェイガスランタン。

カセットコンロは、いずれにせよ持って行くでしょうから、カセットが共通しているのはとにかく便利です。

ツーウェイでなくても大丈夫。

OD缶からCD缶に変えるためのアダプターが安価で発売されています。


【人形寝袋】

山の天気は里とはちがいます。

キャンプに数行けば、朝方の身も凍るような寒さや、テントから出るのが嫌になるような極寒の夜を体験した人は多いことでしょう。

できれば、寝袋から出たくない‥‥‥‥

だったら、寝袋ごと動けばいいじゃないか、というのがコレ!

ヒューマノイドスリーピングバッグだ!」(※ゴレンジャー・必殺技調)

これも見ての通り。なんと寝袋が人形をしていて、そのまま眠れ、そのまま活動もできる、というスグレモノ。

これで寒い朝だって大丈夫。

寝相の悪い人にもおススメです。


【網戸】

正確には網戸ではありません。網戸用の網。

これ、安いのに、なかなか便利です。

たとえば、オートキャンプで車中泊する時、エアコンつけっぱなし、というわけにもいきませんし、かと言って、窓を開ければ虫が入って来る‥‥‥防虫剤もカンペキではありません。

そんな時にこそ、

奥義!替網戸!」(※北斗の拳・ケンシロウ調)

この網を適度な大きさに切って、マグネットで車に貼付けます。

また、バーベキューの食べ残しを虫から守るとか、うまく使うと魚獲りだってできちゃうんですから。ホントです。

一家に1枚、替え網戸!

【あす楽】車内快適グッズ 【ウィンドーネット/スライドドア用2枚セット】虫の侵入を防いで自然の風で車内快適♪普通車・軽自動車に!車用簡易網戸・虫よけ・虫よけネット・虫除け・防虫・防虫ネット

価格:4,900円
(2016/3/16 16:21時点)
感想(35件)


【あぐらチェア】

オートキャンプでは、お父さんは運転しっぱなし。

その間ずっと足は下に下がっているわけで、足はうっ血していきます。

かと言って、キャンプ地に着いても、普通のチェアでは、同じように足は下がっていますから、実は足のうっ血はとれません。

そんなお父さんのために、コレです!

行け!あぐらチェア!」(※ポケモン・サトシ調)

文字通り、あぐらをかける椅子です。これで足のうっ血も解消。

お父さんじゃなくっても、おじいちゃんも一緒の場合でもいいですね。やっぱり日本人はあぐらでしょう。

そのまま瞑想に入ることだってできます!

以上、キャンプのプラスアルファ、5選。

お役にたてましたでしょうか?

ん、が、んぐ」(※サザエさん、また来週調)


今回のまとめ

キャンプをより快適にするオプショングッズ5選
車中泊専用マット
カセットガスランタン
人形寝袋
網戸
あぐらチェア

スポンサーリンク