キャンプの必需品であるストーブにスポット!

キャンプの必需品であるストーブにスポット!

キャンプで使うストーブと聞いて、普通にご家庭にある暖房器具のことを思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?でも、キャンプで使うストーブは暖房器具のことではありません。調理で使うコンロの事を言いますので、最初に言っておきますね。


キャンプストーブの用途

大がかりな調理、例えばアウトドアでは定番のバーベキューやカレーライスなどの鍋料理や時間のかかるものを作る時には炭や薪を使って調理するのが基本ですが、ちょっと加熱したい時などはキャンプストーブを使うのがお手軽です。炒めものとか、レトルトものをボイルするとか、ちょっとお湯を沸かすとか。そのような時にはキャンプストーブがあるととても便利です。


キャンプストーブの燃料の種類

キャンプストーブには、燃料の選択肢が有ります。出来るだけ簡単で安全なものをチョイスしたいものです。

大きく分けて「ガソリン」対応のストーブか、「ガス」対応のストーブかという選択肢になってきます。ガソリンは「ホワイトガソリン」、ガスは「カートリッジガス」というのが一般的です。初心者のうちは、使い勝手の良いカートリッジガスをオススメします。もっと斬新なものも発売されていますが、それは後の項でお話しします。(↓↓↓【キャンプストーブの進化する電動機タイプ】)

カートリッジガスの価格ですが、ホワイトガソリンよりも高価です。ですが、最近はご家庭でお鍋などに使うカセットコンロが使える物も出てきています。使用頻度にもよりますが、長い目で見たら燃料の価格が安いものを選んだほうが賢明ですので、家庭用カセットコンロに対応しているかというのも選択肢のポイントですね。

ホワイトガソリンは「白ガス」とも言われます。添加剤などを含んでいなく、無色透明なのが特徴です。余談ですが、皆さんがよく知っている車のガソリン(赤ガス)にも対応できるキャンプストーブもあります。一般的にはツーリングを楽しむ方のニーズが高いようです。コンパクトなストーブにバイクからちょっと燃料を抜いて使うといった感じですね。ただし、火加減の調整が出来なかったり、手間がちょっとかかるのがネックです。

また、ランタンにも燃料を使いますが、どうせなら同じ燃料で対応できるものを揃えた方が荷物も減らせて効率良いですよね。


キャンプストーブの大きさの種類

大まかに大きなものにするか、小さなものにするかの選択肢に突きあたります。今現在売られている主流は、バーナーが「一つ」と「二つ」に分かれます。マイナーなところで「三つ」のものもあるようですが、初心者の皆さんが選ぶ時には一つか二つかという選択肢になるでしょう。

お湯を沸かす程度なら、バーナーが一つの小さなもので充分ですし、炭や薪を使った大げさなものじゃなく、簡単に調理したいときには、バーナーが二つ付いた大きなものをチョイスしておくと便利です。炭を使ったバーバキューコンロがあればキャンプストーブは不要と思いがちですが、24時間火を絶やさずつけておくわけにもいきませんし、朝ちょっとお湯を沸かしたいという時にはかなり重宝します。


キャンプストーブの進化する電動機タイプ

キャンプストーブも進化しています。最近、注目されているのが発電タイプのキャンプストーブです。その辺に落ちている枝を燃やしてお湯を沸かしたり出来ます。その火力を原動力とし、発電かつ充電してしまうというものなんです。充電された電気を使ってファンを回し、更に燃焼力アップ!USBポートもついているのでスマホの充電にも使えます。

これは、アウトドアグッズとしてもそうですが、防災グッズとしても注目されています。


今回のまとめ

  • キャンプの必需品であるストーブにスポット!
  • キャンプストーブの用途
  • キャンプストーブの燃料の種類
  • キャンプストーブの大きさの種類
  • キャンプストーブの進化する電動機タイプ

用途によって色々な選択肢が有ると思いますので、実際のバーベキューのシーンを想定して、よりニーズに合うものをチョイスされてくださいね。

スポンサーリンク