キャンプのおつまみ簡単で美味しいもの

火がすぐそばにあるからこそ飲みながらしゃべりながら料理や おつまみを作ることができるのが キャンプの醍醐味 です。

キッチンでは気になる臭いや煙、油跳ねも屋外でなら問題ありません。

普段は敬遠しがちな調理方法も気兼ねなく挑戦できます。

手早く簡単にできるものからじっくり完成を待つものまで、キャンプで楽しむおつまみをご紹介します。

お気に入りの酒を片手に美味しいおつまみを作ってキャンプを満喫しましょう。


キャンプのおつまみ簡単で美味しいもの

簡単にできるおつまみ

スパイシーナッツ 

フライパンでナッツを乾煎りしたら、好みのスパイスを加えます。

カレー粉やクレイジーソルトでも。

ポテチーズ 

アルミ製の器にポテトチップスを入れ、溶けるタイプのチーズをのせて温めます。

チーズが溶けたら食べ頃です。

エスカルゴマッシュルーム 

バターにみじん切りのにんにくとパセリを混ぜたエスカルゴバターをマッシュルームの傘の内側にたっぷりと詰め、アルミホイルで包んで網か鉄板にのせます。

定番オイルサーディン缶 

オイルサーディンの缶詰は蓋の最後をつけたまま開け、オイルを少し捨てます。

網にのせて温めます。にんにくや好みのスパイス、ハーブを加えても。

醤油をさっとかけるかレモン汁を絞っていただきます。

熱くなりすぎると缶が跳ねてひっくり返ることがあるので気をつけます。

火から外すときは蓋を持ちます。

バーニャカウダ 

小鍋にバター小さじ1とオリーブオイル小さじ1を入れて溶かし、にんにく1/2片分のみじん切りを入れて、弱火で混ぜながら炒めます。

みじん切りのアンチョビ4尾分を入れ、弱火でゆっくりと炒めます。

アンチョビが煮溶けてきたら、生クリーム125mlを少しずつゆっくりと、混ぜながら加え、クリーム状に煮詰めたら、牛乳35mlを少しずつ混ぜながら加えます。

とろりとしたクリーム状になったら塩胡椒をして味を調えます。

生野菜やのほか温野菜や焼いた野菜をつけていただきます。

チーズフォンデュ風 

アルミ製の容器に溶けるタイプのチーズと白ワイン少々を加えて火にかけます。

溶けたら好みの温野菜やパンにつけていただきます。

チーズは何種類かミックスしても面白いです。

野菜漬けいろいろ 

適当に切ったキャベツやきゅうり、蕪や大根などに塩昆布やゆかり、韓国海苔など好みのものを混ぜて軽く揉みます。

中華風練り調味料や唐辛子、胡麻油を加えてもいいです。

すし酢で揉むとさっぱりした甘酢漬けになります。

いろいろ試して好みの組み合わせを探すのも楽しいです。


飲みながら食べながらのおつまみ

チキンスペアリブ 

塩胡椒して網で焙り、レモン汁を絞ります。

豚バラ焼き 

1cm厚さの豚バラ肉の厚さを半分にするように切り込みを入れ、本のように開きます。

塩胡椒して網でカリッと焼きます。

好みのタレでいただきます。

もんじゃ焼き 

小麦粉を水で流れるくらい緩く溶き、ウスターソースを加えます。

具として千切りキャベツと紅生姜、天かす、小エビ、さきイカなどを加えて混ぜます。

鉄板に具で土手を作り、空いた場所にタネを流し込みます。

くつくつと煮立ってきたら、土手を崩しつつ、小さなヘラで鉄板に擦り付けるようにして焼いて食べます。

コーンフライ 

コーン缶の汁を全て捨てます。

塩少々と小麦粉、片栗粉を缶に入れ、コーンにまぶすように混ぜます。

やっとくっつくくらいになったら180℃の油でカラッと揚げます。

焼き魚 

囲炉裏を囲むように、焚火を囲んで焼き上がりを待つ魚料理はキャンプの醍醐味です。

串に刺して塩をきつめに振り、焚火の回りに刺したて焼いた魚に豪快にかぶりつきましょう。


出来上がりを待つおつまみ

燻製 

スモーカーがあれば最高ですが、ダッチオーブンや中華鍋でも大丈夫です。

下ごしらえ、塩漬け、塩抜き、出来れば乾燥までしてキャンプに持っていけばあとは燻煙するだけです。

時間があってお天気に恵まれたなら乾燥は現地でもできます。

ただし、気温の高い時期は、冷蔵庫で時間をかけて乾燥させる方が安心です。

干物やソーセージなど味のついているものであれば塩漬けの必要はありません。

キャンプのおつまみならぜひ試してみたいのがチーズの燻製でしょう。

溶け落ちるのを防ぐためアルミホイルを敷いておくと安心です。

鍋にアルミホイルを敷き、スモークチップとザラメを入れます。

網をセットし、アルミホイルにのせたプロセスチーズを置きます。表面に砕いた粒胡椒を押し付けてもいいです。

鍋に蓋をして火にかけたらやっと煙が出るくらいの火加減で10分ほど燻煙します。

煙が満遍なく回るように鍋の蓋は高さのあるドーム状のものを使います。

ボウルで代用してもいいです。

臭いがつくので鍋の底や蓋はアルミホイルで覆うか、もしくは燻製専用にしてしまいましょう。

ポトフ 

大きめに切った野菜と厚切りベーコン、ソーセージをローリエとブイヨンを加えた水でコトコト煮るだけです。

できれば蓋のある厚手の鍋を使うと野菜がほっこりと煮上がります。

酔いが回る頃ほくほくと温かいポトフが出来上がります。

挽き立ての胡椒やマスタードでいただきます。

パエリア 

フライパンで出来ます。

オリーブオイルでみじん切りにしたにんにくと玉ねぎを炒め、鶏肉のぶつ切りを加えてさらに炒めます。

鶏肉の色が変わったら、さっと洗って乾かした米を加えて透き通るまで炒めます。

ブイヨンとサフランを溶かした湯をかぶるくらいまで加え、煮立ったらざく切りのトマト、カラーピーマン、好みの魚介類を表面に並べ、アルミホイルで包むように蓋をします。

20分ほど煮込んで水分がなくなっていたら火から外して10分ほど蒸らします。 


甘いおつまみ

焼きマシュマロ 

木の枝にマシュマロを刺して直火で焼きます。

近づけすぎると溶けて落ちるので、軽く焙るようにします。

クッキーやクラッカーに挟んでも美味しいです。熱いので火傷に注意してください。

ホットドライフルーツ 

アルミホイルに好みのドライフルーツをのせ、網か鉄板の上で温めます。

甘みが増しておつまみにはぴったりです。ナッツと合わせても。

ハニーナッツ 

温めナッツにはちみつを絡めます。

チーズを加えてもいいです。


あると便利なキャンプのおつまみ食材

餅、パン、小麦粉、じゃが芋、海苔の佃煮、ツナ缶、マヨネーズ

最低これだけあれば何種類かのおつまみは作れます。

温度管理の必要がなく、持ち運びも簡単なものばかりなので常備しておくと心強いです。

スポンサーリンク