メバル釣りを手軽に楽しむ基本

mebaruturi

メバルは、多くの場合、根魚と呼ばれる魚たちと同じエリアに同居している魚です。

なのでメバルだけを狙おうとすると、必ずカサゴ鬼カサゴ(猛毒あり)、あるいはソイの幼魚も簡単に釣れてしまいます。

メバル釣り の素晴らしいところは、そうした他の魚まで釣れる点と当然ながらその小刻みな引きと、吊り上げた際の独特な色彩、

さらには食べ方も豊富で非常においしい魅力が満載なことに尽きます。

メバル釣りを簡単に楽しみたい方向きです。




【タックル】

スピニングタックルが一番扱い易いでしょう。

深い水の中や潮の早い場所で釣りをした場合、重いギアを有したリールが必要となります。

より大きな魚は深い場所にいる事が多いので大物狙いで深層部をイメージした組み合わせを考えてみてもいいと思います。

低伸縮性のナイロンラインに編み組のリーダーまでセットできれば相当スポーティな釣りが体験出来そうです。

浅場での釣りをしたい場合には、バスロッドのミドルライトクラスと小型スピニングの1000番程度でも十分ですが他の魚が釣れることを想定して、やはり中型のスピニングリール2000番ぐらいはセットしておきましょう。

フロロカーボンラインで仕掛けを沈むことに重点をおくならラインは0.3号~0.4号でしょう。

初心者や浅場ならば俄然PEライン0.6号がベスト。

理由はラインが細い事とラインが伸びないので魚のアタリダイレクトに感じ取りやすいというメリットがありますがシモリ(岩)等のスレに弱いというデメリットもあるのでリーダーを長めにするなどの対応で補うことも有ります。




【仕掛け】

使うものはエサではありません。疑似餌というルアーです。

ルアーは、まっすぐに沈下するジグを使用ます。そのジグはブラックバスやシーバスで使うタイプの金属的なものがいいですが、やはりジグヘッドでラインをつなぐ箇所が金属の重石になっていて長く伸びた針にワームをというゴム製のものをつけるルアーが効果的です。

プラスチックルアーも出番がないわけではないのですが、釣りをする際の竿捌きが上下になるためルアーの動作事態も水中では上下に絞られますから、

あまり効果的でないのです。

タコ型ワームやオキアミ型ワームなどもチョイスしておきましょう。


【釣りテクニック】

メバルは本当に簡単です。魚場に着いたならば、ルアーを底にゆっくりと降ろし、しばしば一時停止。それから上下に誘うだけです。

あたりが出なければその近辺を半径2メートルぐらいにわたり、同じようにルアーを一番底までドロップするだけです。

問題は魚場を探すことだけだということでテクニックはあまりいらないのがこの釣りのいいところなんです。

日本中海があれば必ずいるのがメバルです。根魚と同居ということお伝えしたように根魚がいる環境を考えるのです。

海底が砂地だけでは根魚は隠れられません。隠れることが出来るような藻場や岩やテトラなどが彼らの住居です。ゆえにロックフィッシュという名前もあるのです。


【注意点】

メバルは、小型な魚ですから初心者でもまた子供さんでも手軽に釣りが楽しめます。その際には必ず救命着はしましょう。

穴場だからといって間違ってもテトラポットに子供さんを置いてなどはしないでくださいね。

そして、メバルの口にある細かな歯と背中の長い鋭いトゲに気を付けてください。

メバルかなと思ってうっかり触ってほしくないオニオコゼもいますから不安なときは誰かにたずねるなどしましょう。


【レシピ】

釣ったからには料理したいのが釣り人の醍醐味。

から揚げ、素揚げ、刺身に、煮魚なんでもいける。

今回紹介するメバルの食べ方のお勧めはムニエルのレモンソース添えです。

  1. まず三枚におろした身を小骨を丁寧にとって塩コショウをします。
  2. レモンスライスを敷いた上に魚の身を乗せてさらに昆布を上に覆います。
  3. 約1時間ほどしたら小麦粉をまぶしてフライパンで焼きます。
  4. 焼きあがる寸前にバターを大匙1入れてさらに白ワインをいれてフランベします。
  5. 盛りつけたら取り出したフライパンの中にレモン汁をしぼり入れてフライパンに残ったうまみと白ワインを溶け込ませ、塩コショウとほんの少しにんにくを摺ってソースを作ります。
  6. あとはそれをさっと魚にかけて出来あがりです。

淡白な魚ですが上品な味に大満足です。


今回のまとめ

メバル釣りを手軽に楽しむ基本
タックル
仕掛け
釣りテクニック
注意点
レシピ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です