こんなにもある日本各地の美味しい藻塩

mosio

藻塩 は日本の塩の原点で、古墳時代から作られていました。

万葉集にも藻塩作りの様子が詠まれています。

玉藻と呼ばれていた海藻のホンダワラを海水に浸し、乾燥させることを繰返すと海藻のミネラル成分を含んだかん水が出来上がります。

それを煮詰めたものが藻塩です。

ほんのりと色付いた藻塩は一般の塩よりナトリウム含量が少なく旨味の濃い優しい塩味が特徴ですが、浸す海藻の種類によっても趣が変わります。


こんなにもある日本各地の美味しい藻塩

日本各地の藻塩

浜御塩 藻塩」 

詳しくはこちら→浜御塩藻塩 120g

長崎県 白松 壱岐対馬国定公園に認定されている海域から汲み上げた海水を、逆浸透膜を使って濃縮した後、天日と風を使ったネット噴霧式でさらに濃縮します。

そこに冬から春にかけて天日干しにした国産のホンダワラやアラメを浸して海藻の栄養成分を抽出します。

海藻を取り除いた濃縮海水を平釜で灰汁を取りつつ時間をかけて煮詰め、焼成して作ります。

料理人にもファンが多く、どんな料理にも使える万能タイプの藻塩です。

他に「長崎の花藻塩」や二段仕込みの「瀬戸内の花藻塩」もあります。

男鹿工房 男鹿半島の塩 藻塩」 

詳しくはこちら→男鹿工房 男鹿半島の塩 藻塩 スタンドパック 80g

秋田県 男鹿工房 男鹿半島の海で採取した日本海の海水とホンダワラから作られる藻塩です。

平釜でじっくりと煮詰め、口どけの良い塩に仕上げます。

焼き魚や刺身など、魚介類との相性の良い藻塩です。

しおがまの藻塩」 

宮城県 シーフーズあかま 塩釜市御釜神社には古式藻塩製法が「藻塩焼神事」として伝えられています。

古式にのっとった製法で、松島湾釜ノ渕の海水と湾内に生息するホンダワラ科のアカモクを使って作られた藻塩はミネラルが豊富で旨味の強い仕上がりです。

淡路島の藻塩

詳しくはこちら→淡路島の藻塩(茶) 100g

兵庫県 多田フィロソフィ 淡路島の海水と国産の海藻だけを使い、約3日間かけて平釜で煮詰めて作られたまろやかで口当たりの良い藻塩です。

和食だけでなくイタリアンやフレンチにもよく合います。

ローソク島藻塩」 

島根県 八幡一正 美しい隠岐の海水とアラメを一緒に煮詰めることで、海藻の旨味と色を濃く残した甘みのある藻塩に仕上げています。 

魚介類の他、豆腐や天ぷらによく合います。

佐渡藻塩」 

新潟県 七浦海岸にある景勝地「夫婦岩」のわきで採れる玉藻、長藻、アラメを原料に佐渡の海水塩と共に煮詰めて作ります。

濃い茶色はじっくり煮出した海藻のヨウ素のおかげです。

渋味のある大人の味わいの藻塩で、魚介類の天ぷらに最適です。

藻塩」 

詳しくはこちら→藻塩 400g (笹川流れの塩、古代製塩)

新潟県 中浜観光物産 日本海の海水とホンダワラだけを使い、古代から伝わる製塩法で作られた、海の恵みを凝縮した懐かしい味の塩です。

古代製法二段仕込み」 

詳しくはこちら→熊本県天草産 藻塩 古代製法 二段仕込み 60g

熊本県 翔栄舎 一年に10日しか採れないカジメ昆布を使用。古代製法で作られたミネラルを豊富に含んだ古代塩です。

旨味が強いので少しの量で料理の味を引き立てます。

讃岐の藻塩」 

詳しくはこちら→讃岐の藻塩 100g袋入り (ホンダワラ使用)

香川県 藻塩工房 

香川県産海水塩にアカモクから抽出したエキスを混ぜて作られています。

アカモクはホンダワラ科の海藻で、ポリフェノールやフコダインを含み、スーパー海藻として注目されています。

浜守りの藻塩」 

島根県 浜田の海で生活する会 瀬戸ヶ島の海水とカジメを使って浜田の海で活躍するライフセーバーたちが完全手作りで作る藻塩です。

海人の藻塩」 

詳しくはこちら→蒲刈物産 海人の藻塩 スタンドパック 100g

広島県 蒲刈物産 古墳時代から上蒲刈島では、現在は瀬戸内海国立公園となっている県民の浜で採れる海水とホンダワラを使い、藻塩焼きが行われていました。

その古典的な製法で丹精込めて作られる藻塩はミネラルをふんだんに含み、滋味溢れる豊かな味わいで、和食のみならずイタリアンやフレンチの有名シェフの間でも高い評価を受けています。

玉藻塩」 

詳しくはこちら→ 玉藻塩(150g)

新潟県 日本海企画 名勝天然記念物に指定されている新潟で最も美しい海岸、笹川流れの海水を使い、ホンダワラのエキスを加えた藻塩です。

味噌汁に入れると出汁の代わりにもなります。

和の藻塩」 

詳しくはこちら→ジャパンソルト 和の藻塩 120g

東京都 ジャパンソルト 国産原材料に拘って壱岐対馬国定公園沖の海水と海藻(アラメ、ホンダワラ)を使い、和食に合うようにやや塩味を強くした藻塩です。

温かく気候の穏やかな瀬戸内地方が産地として有名ですが、海の綺麗な日本海側でも作られています。

藻塩は日本独特の塩ですが、岩塩、海塩、湖塩に勝るとも劣らない素晴らしい調味料です。

お気に入りの一品をぜひ探してみてください。  

スポンサーリンク