天然ニジマスの釣りポイント

天然ニジマスの釣りポイント

川で魚 釣り と言えば、鮎、山女、岩魚、そして ニジマス ですよね。

天然のニジマスは引きも強く、釣り人には人気の魚です。

そんな天然ニジマスを釣るためのポイントをまとめました。


釣れる時期

基本的には年中釣れる魚ですが、禁漁時期も河川によってはありますので、釣る前に確認が必要です。

特に、春と秋には狙いやすいと言われており、夏はどちらかというと釣り辛いと言われています。

そして、晴れている日よりも、曇りや小雨が降っている日の方が釣れると言われています。


釣れる場所

キレイな河川であればニジマスがいる可能性があります。

上流域に行くと、ヤマメやイワナが多く生息しますが、中流域ではニジマスを多く見かける河川が多いと思います。

下流域でもニジマスがいる場合がありますが、ウグイなどが多くなります。

河川によっても変わりますが、狙うのは上流域に近い中流域を狙うと良いと思います。

また、川の流れがあり、白い波が立っている場所がニジマスの釣れるポイントとなります。

流れが無い場所ではウグイなどが生息しているため、ニジマスはいないことが多いでしょう。

白波が少し立っている流れのある場所を探してチャレンジしてみると良いでしょう。


用意する道具

天然のニジマスを狙うために必要な道具は以下の通りです。

※ここではエサ釣りの道具をご紹介いたします。

竿・・3.6m以上の竿が良いでしょう。河川の大きさに合わせて長さを調整する必要がありますが、3.6m、4.5mの2本あれば大抵の河川で対応できると思います。

エサ・・エサはミミズ、イクラ、ブドウ虫、イタドリ虫など多数種類がありますが、一般的にはカワムシが良いといわれています。ただし、カワムシは川の中にいる虫で、自分で捕る必要があるため、初心者の方であれば虫を触るのが苦手な方でも大丈夫なイクラがよいと思います。

仕掛け・・狙う大きさによっても異なりますが、釣具屋で市販されているニジマス用の針を使うと良いと思います。

ウキはつけずに、オモリをつけます。オモリは河川の流れによっても異なりますが、エサが浮かない程度のオモリで良いでしょう。

道糸・・ラインと呼ばれるものですが、竿の長さに合わせて必要となります。

タモ・・天然のニジマスは大きいもので4、50cmありますので、タモも必要に応じて用意したほうが良いでしょう。


釣り方

まずは、河川に向かってキャストしますが、上流から下流に流すようなイメージでキャストします。

糸が突っ張るくらいまで流したら、また竿を上げ、同じことを繰り返します。

このとき、無理に流れに逆らわないようにすることが必要です。

また、ニジマスは影に隠れていることも多いので、流木や日陰に当たる部分にキャストするとより釣果を期待できるでしょう。

アタリを感じたら慌てずに合わせましょう。合わせた後は大きなニジマスとのバトルを楽しんで下さい。

小さな20cm以下のニジマスは、食べることも出来ますが、あまりにも小さいものはリリースしましょう

是非、大きなニジマスを釣ってください!

釣った魚を炭火で炙って食べる!最高のひと時を味わってください。


串焼ろばた 小 φ360×145


今回のまとめ

  • 天然ニジマスの釣りポイント
  • 釣れる時期
  • 釣れる場所
  • 用意する道具
  • 釣り方
スポンサーリンク