アウトドア用チェアのウンチク

アウトドア用チェアは、そう言われれば、どういう物であるかは誰でも分かりますが、

「あー、あの折りたたみチェアね」

「キャンピングチェアだろ」

「バーベキューチェアだろ?」「そんな呼び方は、お前ンちだけだ」

‥‥‥と、モメごとになるほど、実は正式名称がありません。

あれほど、ポピュラーで市民権を得ているのに、まったく不思議です。

【全てはコールマンから始まった】

caleman-chair

これはたぶん、業界のリーディングカンパニーであるコールマン社が、いちいち名称を変えたからと思われ、コールマン現行商品だけでも、

①コンパクトフォールディングチェア、②リゾートチェア、③スリムキャプテンチェア、④デッキチェア、⑤キックバックチェア、⑥ヒーリングチェア、⑦ファンチェア、⑧コージーチェア、⑨ビーチラウンジチェア、⑩リラックスチェア、⑪イージーリフトチェ‥‥

統一しようや、コールマン!

‥‥‥と、叫びたくなるほど。

それぞれ形状は微妙に違うのです。だから分からないわけでもないのですが、商標登録してあるものもあるらしく、おかげで他社も、

アームチェア、ピクニックチェア、タフタイニーチェア、ラウンジチェア、キャンピングチェア、ディレクターチェア、イージーチェア‥‥

統一しようや。アウトドア業界!

自動車業界だって、パジェロ登場の頃は、ランクルでさえ「パジェロ」とひとくくりに言われて、それでも我慢していました。

現在の総称は『SUV』です。

バブル期までは、『ディレクターズチェア』で総称されていた気もするのですが。

directors-chair

それはそれで、微妙に違う気もする‥‥‥。


【基本はキャンバス布1枚】

共通しているのは、移動用に軽量化されていることで、そのため、座部は、キャンバス布地1枚でできています。

座り心地は、「それなり」で、当然ながら、ウレタンだのクッションを入れた通常のチェアや、車のシートとかには、遠く及びません。

携帯性を重んじた臨時用の椅子ですから、それでもいたしかたないところ。

ところが。このアウトドア用の椅子をそのままシートに用いた車があった、と言ったら、驚かれますか?


【その名もピクニックシート】

フランスの超ロングセラー、シトロエン2CV(ドゥーシーヴォー)がそれ!

2cv-1

日本にもファンが多いので、街中で1度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

『ルパン三世・カリオストロの城』で、かのクラリス姫が乗っておられたのが、この車です。

2cv-cariostro

この車、なんとピクニック用のキャンバスチェアを、そのままシートとして搭載していたことがありました。

ほら!

2cv-2

2CVは、そのまま「2馬力」の意味。日産GT-Rが550馬力ですから、なんと225分の1?

でも、いくら軽量化しなくっちゃいけないからって‥‥‥布1枚って。

しかも、シトロエンは、バブル期に大流行したBXというモデルまで、“世界最高の乗り心地のシート”を誇っていました。

それが布1枚のシートって‥‥

ところがところが。このシート、現代の小型車なんかより、ずっと乗り心地がよく、すこぶる評判が高いのです!

フランス人!ブラボー!

決め手は、生地を張っている両サイドのスプリング。

が、いかに乗り心地がよかろうと、アウトドアのサイトで取り上げません。

取り上げたには、取り上げたなりの理由があります。

実は、2CVのこのシート、取り外してアウトドア用のチェアとして、そのまま使えるのです!

その名も『ピクニック・シート』!

当時のフランスのリゾートでは、他のアウトドア用チェアを差し置いて、ダントツに際立ったことは言うまでもないでしょう。

この機能は、その後、キャンバス生地でない普通のシートになってからも標準装備されました。

デビューは1948年。

まさしくRV(Recreational Vehicle)の元祖だったわけです。

フランス人!トレビアン!


今回のまとめ

アウトドア用チェアのウンチク
全てはコールマンから始まった
基本はキャンバス布1枚
その名もピクニックシート

スポンサーリンク