ピートパウダーでいつもの燻製がグレードアップ!

ピートパウダーでいつもの燻製がグレードアップ!

燻製に慣れてくると、いろいろなチップを試したくなりますよね。

食材によってチップを使い分けたりブレンドすることで、思ってもみなかった美味しい組み合わせを発見できることがあるのも燻製の醍醐味のひとつだと思います。

そして、いつもの燻製をグレードアップできるアイテムもあるんです!

簡単に燻製の風味を変えられるピートは、燻製に慣れたら是非チャレンジしてほしいもの。

今回は、簡単なピートの使い方をご紹介します!


ピートとは

ピートは、シダやミズゴケが堆積してできたものです

土壌改良用にピートモスとして販売されているので、ご存知の方もおられるかもしれませんね。

スコッチウイスキーの本場では原料となる大麦(モルト)を乾燥させるための燃料として用いられます。つまり、これがウイスキーの香り付けに一役買っているというわけです。

いつも使っているチップやウッドに少量加えると、スモーキーフレーバーが香るいつもと一味ちがう燻製を作ることが出来ます!

ピートはブロック、チップ、パウダー等いろいろな形で販売されています。

どの燻材にも使いやすく、手に入りやすいのはパウダーでしょう。

ピートパウダーはチップより高価なものですが、一度に少量しか使わないので長持ちします。


ピートパウダーの使い方

ピートパウダーを使うときの方法をご紹介します。

ピートの適量は、使用するチップの重量の10%~20%と言われています。チップ100gであれば、10~20gが適量ということですね

個人的には10%では少し多いように思いますので、最初は少なめから始めて自分好みの量を見つけると良いでしょう。

このピートをお好みのチップに混ぜて燻煙します。

ウッドの場合であれば、火をつけたウッドの上に乗せてやればOKです。

手順はこれだけ!とても簡単にひとあじ違った燻製が出来上がります。

どの食材に使っても美味しいですが、オススメは肉類、それも赤味の牛肉を軽くスモークするとジャーキーのような味わいになり、お酒のつまみに最高です。

ホタテやカツオでも美味しく仕上がりました。

ピートの香りが強いので、クセのない燻材がよく合います。

ヒッコリーやクルミで試してみると良いでしょう。

また、ピート自体に色づきはほとんどないと言われていますが、ピートを使用したほうが色づきは濃くなるように思います。


注意点

スモーキーフレーバーが特徴なだけあって、煙の量がかなり増えます。換気に気をつけたほうが良いでしょう。

正直、室内での燻製はオススメしません……。

また、煙が多くなるせいかスモーカー内の汚れはいつもより多くなります。

残り香も抜けづらいので、すぐに掃除をしたほうが良いと思います。

それと、これは環境によるところも大きいかもしれませんが、ピートパウダーを使った燻製は酸味が出やすくなることが多いように感じます。

いつもより心もち早めにスモーカーから出して様子を見ることをオススメします。

使いこなすのに少しコツが要りますが、その手間に見合うだけの美味しい燻製が作れるピートパウダー。是非あなただけの美味しいレシピを見つけてくださいね!


今回のまとめ

  • ピートパウダーでいつもの燻製がグレードアップ!
  • ピートとは
  • ピートパウダーの使い方
  • 注意点

スポンサーリンク