簡単本格ローストビーフの作り方

西洋料理のご馳走と聞いて真っ先に思い浮かぶのは何でしょうか?

こんがりと褐色に色づいた表面とジューシーな肉汁をたっぷり含んだピンク色の断面が魅力的な ローストビーフ を一番に推す人は少なくないでしょう。

一品あるだけでテーブルがグッと華やかになるのでパーティーやおもてなしにも最適、料理好きなら一度は挑戦してみたい豪華料理ですが、食材が安くないうえ本格的に作ると時間もかかり、また一回に出来る量が多いので絶対に失敗したくない料理の一つでもあります。とは言っても作り方はいたってシンプルなのでコツさえつかめば誰にでも作れます。

オーブンがなくても作れる簡単レシピもありますからホームパーティーや家族の記念日、クリスマスなどちょっと豪華な食卓を演出してみたいときにはぜひチャレンジしてみてください。


簡単本格ローストビーフの作り方

簡単ローストビーフの作り方

材料

牛肉(ランプ、モモ、ロースなど)1kg

野菜の切れ端(人参、玉ねぎ、セロリ、パセリの茎など)200g

赤ワイン・・・大さじ2

黒粒胡椒・・・10粒

オリーブオイル少々

グレービーソース

水・・・3/4カップ

固形ブイヨン・・・1個

赤ワイン・・・大さじ1

ウスターソース・・・少々

作り方

1.厚手のポリ袋にAと肉を入れて口を縛り、そのまま室温に半日以上置いておきます。(夏は冷蔵庫に)

2.オーブンを170℃に予熱します。

3.バットに漬けこんだ野菜の切れ端を漬け汁ごと広げ、その上に水気を拭いて全体に塩、胡椒をすりこんだ牛肉をのせます。

4.天板にバットをのせ、オーブンで30~40分ほど焼きます。途中で肉汁が無くなったり、野菜が焦げそうになったりしたら水を1/4カップほど足します。

5.肉の真ん中に金串を刺し、一呼吸置いて抜き、唇の下に金串をあてて温度を確かめます。温かくなっていたらできあがりです。

6.オーブンから取り出したらすぐに二重に重ねたアルミ箔で包み、天板に戻してタオルをかけておきます。

7.グレービーソースを作ります。バットに水を注ぎ、こびりついた肉汁をこそげ落とします。野菜の切れ端をざるで濾しながら鍋に移し、固形ブイヨンを加えて火にかけます。灰汁をすくって赤ワインを加え、味をみてウスターソースを加えます。

8.肉が冷めたら切り分けます。


フライパンで作るローストビーフ

材料

牛肉(ランプ、モモ、ロースなど)1kg

塩、胡椒

赤ワイン・・・1/4カップ

ローリエ・・・1枚

ウスターソース・・・小さじ2

作り方

1.牛肉は室温に置いておきます。

2.焼く直前に塩、胡椒を擦り込みます。

3.フライパンを強火で熱し、肉を入れ、全面にしっかりと焼き色をつけます。

4.火を少し弱め、赤ワインを注ぎ、ローリエを入れて蓋をします。

5.5分ほどしたら肉の真ん中に金串を刺し、一呼吸おいてから串を抜き、唇の下にあてて温度を確かめます。温かくなっていたらすぐに肉を取り出し、二重に重ねたアルミ箔で包みます。ポリ袋に入れ、さらにタオルで包み、火のそばに置いておきます。

6.フライパンに水を少し足して煮立て、灰汁をすくいます。ウスターソースを加えて、塩、胡椒で味を整えてソースを作ります

7.人肌に冷めたら肉を切り分けソースをかけます。


鍋で作るローストビーフ

材料

牛もも塊肉・・・800g

粗塩

漬け汁

だし・・・1カップ

醤油・・・1カップ

酒・・・1カップ

作り方

1.牛肉は室温に戻しておきます。

2.肉に粗塩をすり込み、油大1を熱した鍋で焼きます。焼色が付いたら裏返し、蓋をして4~5分焼きます。

3.肉をいったん取り出し、同じ鍋で漬け汁を煮立て、肉を戻して火を止めます。

4.そのまま人肌まで冷まします。保存する場合は肉と漬け汁を分けて別々の容器に入れ、冷蔵庫に入れます。


炊飯器でローストビーフ

材料

牛もも肉・・・300g

塩・・・大さじ1

胡椒・・・たっぷり

たれ

オイスターソース・・・小さじ1

醤油・・・50ml

酢・・・大さじ1

味醂・・・大さじ1

生姜みじん切り・・・小さじ1

にんにくのみじん切り・・・小さじ1/2

長ねぎのみじん切り・・・大さじ1

作り方

1.牛肉は3時間ほど室温に置いておきます。

2.塩、胡椒を擦り込み、サラダ油少々を熱したフライパンで表面を焼きます。

3.粗熱を取り、ラップに包んでからビニール袋に入れ、口をしっかりと縛ります。

4.60℃の湯を張った炊飯器に沈め、保温にセットして20分置きます。

5.取り出して人肌に冷ましてから薄く切り分けます。

6.たれの材料を全部合わせて混ぜます。


本格ローストビーフの作り方

材料

牛塊肉(リブロース、ランプ、内もも肉、ヒレなど)1kg

粗塩・・・大さじ1弱(肉の重量の1%強)

胡椒

玉ねぎ・・・1個

人参・・・1本

じゃが芋・・・4個

にんにく・・・1片

タイム・・・適量

ローリエ・・・1枚

サラダ油・・・大さじ5

作り方

1.肉を常温に戻しておきます。

2.天板にオーブンシートを敷き、皮を剥いて食べやすく切った玉ねぎ、人参、皮ごときれいに洗って一口大に切ったじゃが芋、潰したにんにく、タイム適量、千切ったローリエをのせます。サラダ油大さじ2を全体に行き渡るように回しかけ、220℃に設定したオーブンに予熱なしで入れます。

3.肉をタコ糸で縛り、サラダ油大さじ1を熱したフライパンで表面全体にこんがりとした焼き色をつけます。フライパンの余分な油を捨て、肉汁はそのまま取っておきます。

4.肉の表面に塩、胡椒を擦り込み、天板の野菜の上にのせます。サラダ油大さじ1を肉の表面にかけ、220℃のオーブンで15分焼きます。

5.肉をひっくり返し、サラダ油大さじ1をかけ、さらに15分焼きます。その間、5分おきに天板に流れ出した肉汁を肉にかけて乾燥を防ぎます。

6.肉に金串を刺し、3秒数えてから引き抜き、下唇のふちに当てて熱くなっていたら取り出します。まだ冷たいようなら様子を見ながら5分ずつ焼き時間を延ばします。

7.焼き上がったらオーブンから取り出し、二重にしたアルミホイルで包んで常温に置きます。

8.天板の野菜に火が通っているのを確かめて皿に盛り、肉汁はこびり付いた焦げごとフライパンに移します。

9.フライパンを火にかけて水を加え、底についたうま味をこそげ取るようにして沸騰させ、塩、胡椒で味を調えソースにします。


ソースにひと工夫

薬味にはホースラディッシュが定番ですがわさび醤油でも美味しいです。

お好みで焼いたあとに残った肉汁に赤ワイン、にんにく、はちみつ、マスタードを加えてソースにしたり、ブルーチーズを生クリームでのばしたり、ブルーベリーなどのベリー系のジャムに同量の醤油、酒、はちみつ少々を加えて鍋で半量になるまで煮詰めたり、いろいろ試してみてください。

スポンサーリンク