これで長時間のGPS使用も安心!ソーラーチャージャーモバイルバッテリーとは?

これで長時間のGPS使用も安心!ソーラーチャージャーモバイルバッテリーとは?

平ガ岳

登山などで手軽に充電できたらいいなと思ったことはありませんか?

今回はAukey ソーラーチャージャー 防水 大容量 12000mAh モバイルバッテリーについて紹介します。

最近は携帯もGPSを積んだり、GARMINなどのハンディGPS機などが増えてきて、現在位置を知るのに便利な環境が整ってきました。

また、万一の遭難時にも、通信ができるところであれば電話での連絡ができ、難を逃れることができます。

そこまで緊急の時でなくても、野山に咲く花や絶景スポットなどでカメラで撮影するケースなども少なくありません。

私も普段からデジカメからスマホ、タブレットなど、少なくとも3つは電子機器を所持しています。

しかし、それらの便利な電子機器も充電が切れてしまっては使い物になりません。

私の義理の父の趣味は登山で、家族3人で剱岳に向かいましたが、道に迷い、おまけに携帯の電池も全員切れ、危うく遭難するところでした。

なんとか尾根を下り事なきを得ましたが、寒さもあり命の危険性すらありました。

そんな時に有効なのがモバイルバッテリー。あらかじめ充電しておけば、もしものときに充電でき、助かるアイテムです。

最近はコンパクトながら大容量になり、一つ持っていればかなり安心のアイテムです。

しかし、そんなモバイルバッテリーにも弱点があります。

  • さらに運悪くモバイルバッテリーも充電していなかった
  • バッテリー自体の充電が切れてしまうとどうしようもない
  • 充電することができるのは結局電力のあるところである
  • 山小屋などでは充電する施設がそもそも無かったりする
  • モバイルバッテリーの充電は他の充電より時間がかかり、その間足止めを食う

そのような問題を解決できるのが、モバイルソーラーチャージャーの存在です。

モバイルソーラーチャージャーとはなかなか聞き慣れないものですが、

要はソーラー充電もできるモバイルバッテリーです。

これがあればバッテリー切れの問題から開放されます。

容量は驚きの12000mAh。iPhoneだと都合6回の充電が可能。

たとえ6回使いきったとしても、その間に充電してまた使えるので、実質的にほぼ無制限で

チャージすることができます。

ただし、やはりソーラー充電なので、その点ではいくつか問題もあります。

メリットとデメリットをまとめてみました。


メリット

  • いつでもどこでも充電できる
  • 充電が切れてもソーラーエネルギーで充電できる
  • 非常にコンパクトでかさばらない
  • 防塵・防水加工でキャンプにも安心
  • バッテリーの充電で足止めを食うことがなくなる
  • 1Aと2Aの2ポート装備。同時に使える
  • さらにLEDライト内蔵。非常時にライトとして使える

デメリット

  • ソーラーなので日が出ていないと思ったほど充電できない
  • 充電中は持って歩かないといけない
  • ソーラーだけでは充電に時間がかかる

といったところでしょうか。

12000mAhの大容量ですので、やはり万全を期すならば充電をしておいたほうが良いでしょう。

通常のマイクロUSBを使ってモバイルバッテリー自体を充電することができます。

私もモバイルバッテリーを持っていますが、使いたい時に充電されていないということが

ありました。その場合、モバイルバッテリーの充電をするためにさらに待たなければいけなかったりして、不便を感じていました。

モバイルバッテリーは放っておいても、少しずつ放電していきます。

それらの問題がこのソーラーチャージャーのおかげで解決しました。

たとえ充電を忘れていても、どこでも充電ができるというのは便利です。

しかし、いくら何時でも充電できるからといって、登山中の歩きスマホは

やめましょう。また、ソーラーで充電しながらスマホをいじると

両手が塞がった状態です。大変に危険ですのでお止めください。


まとめ

これで長時間のGPS使用も安心!ソーラーチャージャーモバイルバッテリーとは?
【メリット】
【デメリット】

スポンサーリンク