スノーボードとヘルメット

snowboard-helmet

スノーボード ヘルメットの必要性

スキー、スノーボード ヘルメット を装着している人はここ数年でかなり増えたように思います。以前はあまり種類がなく、本格的なパーク遊びをするような人だけがヘルメットをつけていましたが、近年ではスノーボードをするキッズも増え、ヘルメットを装着することが当たり前になりつつあります。

ヘルメットをかぶるということは頭部を守ることに繋がります。スキーでもスノーボードでも転倒はつきもの。

転倒したとき後頭部を強打して怪我をしたり、うちどころが悪いと亡くなってしまう場合もあります。そんな状況下でヘルメットを装着していると、怪我の程度がかなり変わってきますので、ヘルメットは自分自身の身を守る大切なアイテムなのです。


ヘルメットの選びかた

ヘルメットは大手スポーツショップでも、個人のショップでも最近では取り扱いが増えています。実はかぶれればどれも一緒というわけではありません。

一番大切なのはヘルメットの安全規格を満たしているかということです。

アメリカでしたらASTMという安全基準、ヨーロッパではCEという安全基準があります。日本の規格というのは今現在ありませんのでアメリカとヨーロッパのこの2つの安全基準を満たしているヘルメットを選ぶのが一番信頼できる方法です。

安いからといって安全規格のないものを選んでしまうと、いざというとき頭部を守る力が発揮されません。ヘルメットを選ぶときは保険をかけるつもりで、しっかりしたメーカーのものを選びましょう。

安全規格が確認できたら、あとはサイズや、ゴーグルのバンドがずれない設計になっているか、重さ、など実際に試着してみて決めましょう。ヘルメットのカタチや重さによって、被ったときに少し下を向いただけでずれたり、重さで頭が安定しないなど被ってみて確認できることが多々あります。


ヘルメットのメリット

スキーやスノーボードの際にヘルメットを装着することは、安全性だけでなく防寒性、防音性にも優れています。スノーボーダーはヘルメットの下にニット帽をかぶるスタイルが多く、スキーヤーの人はニット帽などかぶらず、そのまま装着するスタイルが多いようです。ヘルメットの種類ではベンチレーションつきのものもあります。

ベンチレーションは調整できるものや、ゴーグルやヘルメットとの相性を考えて、ゴーグルが曇りにくくするためのベンチレーションつきのものなど、いろいろなタイプがあります。

自分の頭のカタチとヘルメットがしっかりフィットしているか確認したり、通気性が優れているかなども確認することをおすすめします。バックカントリーでは耐衝撃吸収性や通気性すべての面において優れているモデルを選びましょう。

ゲレンデ以外の雪山ではとても過酷なコンディションだったり、滑落、雪崩に巻き込まれるなどの危険とも隣り合わせです。信頼できる装備で万が一に備えることがとても大切です。

普段ヘルメットを装着しない人も、ぜひこの機会にヘルメットを検討してみてはいかがでしょうか。


今回のまとめ

スノーボードとヘルメット
スノーボード ヘルメットの必要性
ヘルメットの選びかた
ヘルメットのメリット

スポンサーリンク