スノーボードの持ち物!絶対に必要なもの!あると便利なもの!

スノーボード、持ち物

【スノーボードを始める前に】

ウインタースポーツの中で根強い人気がある スノーボード を始めようと思ったら、まず道具を用意しなければなりません。

ここではスキー場でレンタルできるものも含めて、スノーボードに必要な 持ち物 をご紹介しましょう。

【まずは滑るためのアイテム】

  1. スノーボードの板

  1. スノーボードブーツ

  1. ビンディング

スノーボードをするために何をおいても必要なのは、スノーボードの板です。これがなくては滑ることができません。

そしてスノーブーツとビンディング。ビンディングとはスノーボードの板とスノーブーツは履いた足を固定するためのアイテムです。

スノーボードは両足を一枚の板に固定し、ストックを持たず滑ります。このビンディングがないと固定ができないため滑ることはできません。


【どんな服装で滑る?】

  1. スノーボードウエア

namelessage(ネームレスエイジ) メンズ & レディース スノーボード ウェア 上下セット AZ-1516 AZ-08 M

  1. グローブ

12-13 DEATH LABEL / デスレーベル BUNNY HOP LTD グローブ 手袋 レディース L PINK

スノーボードをするのは雪山です。気温は凍える寒さの氷点下だったり、季節によっては10度以上あるポカポカ陽気の場合もあります。

様々な気温に対応し、防水能力のあるウエアが必要です。上下セパレートのものもあればつなぎになっているものもあります。

近年ではとてもカラフルなスノーボードウエアが流行しています。滑り方のスタイルによって選ぶウエアのデザインや機能性も考えて選ぶほうがいいでしょう。

ただ、ゲレンデを滑るだけであれば見た目重視のスノーボードウエアで十分ですが、ゲレンデ外の雪山を滑る場合は機能性がとても重要になってきます。

ウエアの次に必要なのはグローブです。グローブがないと寒い雪山では手がかじかんで何もできません。手先が冷たくなると、テンションも下がり滑るのも嫌になってきたり

しますので、グローブは防水性のある機能性の高いものを選ぶことをお勧めします。


【滑るのに必要な小物類】

  1. ニット帽
  2. ゴーグル
  3. ネックウォーマー(フェイスマスク)
  4. パスケース(リフト券入れ)
  5. リーシュコード(流れ止め)

スノーボードの板やブーツ、ウエアやグローブが揃ったら、小物も準備しましょう。

特にあるといいものはニット帽です。

雪が降っている場合は髪が濡れるのを防いでくれますし、なにより防寒になります。

そして、ニット帽はもしもの転倒時に後頭部を守る役目もあります。

スノーボードに転倒はつきもの。

うまくなっても転ぶことは多々ありますので、不意な転倒で頭を打ってしまうこともあるのです。

そんなときニット帽を被っているのと被っていないのでは後頭部を保護する力が全く違うのです。

忘れてならないのがゴーグルです。

初心者の方は慣れないゴーグルがあると余計に滑りにくいと思いがちですが、ゴーグルは晴天のとき雪の反射で雪面が見えにくくなるのを防いでくれますし、また雪が降ってきたときも視界を確保してくれます。

なるべく初めてのときからゴーグルをつけるようにしましょう。

ネックウォーマーは防寒になるうえ日焼け対策にもなります。

ゴーグルだけを装着していると鼻から下の部分だけ日焼けしてしまうこともよくあることですので、晴れていてもネックウォーマーは必需品なのです。

スキー場ではリフトに乗って上部まで行きますので、リフト券を必ず購入します。

近年はチップといって機械にあててゲートを通過するものもありますが(この場合リフト券はポケットの中にあっても反応します)まだまだ、リフト券を係員に見せて乗車するところがほとんどですので、腕に通したり首から下げるタイプのパスケースを用意しておきましょう。

ウエアによってはパスケースが付属しているものもありますので、自分のウエアを確かめてから検討するといいでしょう。

リーシュコードはスノーボードの板と足をつなぐコードです。

リフトに乗る際、スノーボードは片足をビンディングからはずし、片足は装着したままで乗車します。

万が一、リフトに乗っているときやリフトから降りてビンディングを両足に着ける際など、板が足から離れてしまっても板が流れていかないようにするために必要なものです。

リーシュコードをつけずに板が離れ、ゲレンデ内に流してしまって他人に大けがをさせたという事故も少なからずありますので、リーシュコードは必ずつけるようにしましょう。


【あると便利なアイテム】

  1. インナー類(厚着をするより機能性のあるインナーを着ると動きやすくてよい)
  2. 身分証明書(道具をレンタルする場合に必要)
  3. リップクリーム(雪山は意外と乾燥している)
  4. ハンカチorティッシュ(滑っていると鼻水がでたりすることが多々ある)
  5. プロテクター(お尻パットや肘、膝パットのほかに脊髄パットなどもある)
  6. ワイヤーロック(休憩時、スノーボードから離れる際は盗難防止のためにあると便利)

【さいごに】

最初から道具をすべて揃えるとなると資金がいります。

スキー場ではスノーボードの板、ビンディング、ブーツ、ウエアのレンタルがありますので、まずは最低限の小物を揃え、うまくレンタルを利用しましょう。

少し慣れてきてから自分にあったアイテムを購入するのもいいでしょう。


今回のまとめ

スノーボードの持ち物!絶対に必要なもの!あると便利なもの
スノーボードを始める前に
どんな服装で滑る?
滑るのに必要な小物類
あると便利なアイテム
さいごに

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です