スノーボードウエアを選ぶ時の注意点

suno-bo-do-wea

【スノーボードウエアを選ぶポイント】

スノーボード をするにあたって、ウエア は必需品の一つです。寒い雪山で身を守る装備ですので、じっくり自分に合うものを選びたいですね。

自分がどんな滑り方をするか、スノーボードでどんな遊びをするかによってウエア選びは変わってきます。

スノーボードウエアを販売しているメーカー、ブランドは多岐にわたりますので、いろいろなブランドを比べながら選ぶといいでしょう。


【スノーボードウエアブランド】

国内だけではなく、スノーボードブランドは世界にもたくさんあります。

アメリカのBurton(バートン)は1977年設立の老舗ブランドです。スノーボード業界を引っ張って行っていると言っても過言ではないでしょう。

スノーボードの生きる伝説、テリエ・ハーコンセンや若くしてずば抜けた才能を発揮したショーン・ホワイトなど名だたるライダーが多数所属しているメーカーです。

バートンアイテムの性能は間違いないものばかりなうえ、日本中どこでも手に入りやすいという利点もありますので、どうしてもウエア選びに困ったときはバートン製をお勧めします。


【スノーボードウエアは基本的な機能を重視する】

他にもスノーボードウエアのブランドはたくさんあります。

Volcom、rew、RIDE、SESSIONS、LibTech、AA、INHABITANT、686、Analog、エーセブン等々…

それぞれのブランドに特徴があり、機能性もさまざまです。

スノーボードのウエアで大事なのは耐水性、透湿性、防寒性、撥水性です。

雪山での過酷な気候条件に耐えうる機能を持ち合わせていないとスノーボードを楽しむことができないからです。

雪がウエアの中に浸みてきたり、寒さに耐えられなかったり、機能性の高いウエアがあればずいぶんと変わるものです。


【スノーボードウエアに付属する機能も要チェック】

スノーボードウエアの特にジャケットにはいろいろな機能がついているものがたくさんあります。

外ポケット、内ポケット、パスケース、スマホ入れ、イヤホンコードを通す穴、チップホルダー、ネックゲーター、パウダーガード、ベンチレーションなど。

ポケットは小物(車のカギや財布、ハンカチなど持ちものは意外と多い)を小分けするのにたくさんあると重宝します。

パスケースやチップホルダーも付属していれば、別売りのものを買わなくても済みます。

ネックゲーターやパウダーガードなどはウエア内に雪が入ってくるのを防いでくれます。

またベンチレーション(通気、換気のためのファスナー)がないと暑い時の調整ができませんので脇のしたやパンツの内側などチェックしましょう。

それらの付属機能もよく観察し、滑る時を想像してウエア選びの参考にしましょう。


【スノーボードウエアはかっこいい!】

スノーボードウエアはストリートファッションと共通するところがありますので、どのメーカーもとてもおしゃれです。

その年によって多少流行はありますが、カジュアルだったり、デザイン性が高かったり、カラフルでファッショナブルなものが多いです。

基本的に譲れない機能をクリアしたら、あとは見た目の好みで選びましょう。

ゲレンデでは皆さまざまなウエアを着こなしています。

お気に入りのスノーボードウエアを見つけて雪山に出かけましょう!


今回のまとめ

スノーボードウエアを選ぶ時の注意点
スノーボードウエアを選ぶポイント
スノーボードウエアブランド
スノーボードウエアは基本的な機能を重視する
スノーボードウエアに付属する機能も要チェック
スノーボードウエアはかっこいい!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です