スノーボードブーツの選び方

スノーボードブーツの選び方

スノーボード ブーツ にもいろいろな種類があります。これから始める方も、どのブーツを買えばいいのか悩むところだと思います。デザインで選びたくなりますが、ブーツはデザインだけで選んではダメなのです。


スノーボードブーツの種類

スノーボードのブーツにはボアシステムブーツクイックレースブーツ紐タイプがあります。

ボアブーツは紐の部分がワイヤーになっており、ブーツの側面や全面に付いているダイヤルを回すとワイヤーが締まるという仕組みです。ダイヤルをカチッとはまるところまで押し込むとロックがかかり、ダイヤルが動かない=ワイヤーが緩まないようになっています。力をかけずに締めたり緩めたりできるので人気がとても高いです。

クイックレースブーツは紐を引っ張ると締まる仕組みですので、女性の方に人気です。ボアタイプはダイヤル部分が壊れてしまうと使い物にならなくなったり、また締め具合の微調整がしにくいですが、クイックレースブーツだとそんな心配もなく、紐をひっぱるだけで素早く締めることができます。

紐タイプは靴紐のように締めるタイプです。シンプルな構造ゆえ締め具合も自分次第で好きなようにできるので、根強い人気があります。プロのスノーボーダーでも紐タイプしか履かないという人もいるくらいです。


スノーボードブーツの選び方

日本人の足は幅広で甲が高いのが特徴です。スノーボードブーツのメーカーでも海外のものが多いので自分の足に合うかどうかは必ずフィッティングをすることが大切です。

ブーツはスノーボードをするうえで最も重要なアイテムです。足にあっていないブーツだと体重移動が思うように出来なかったり、痛くなってしまって長時間滑れなかったりすることもあります。またブーツを選ぶ時は、少し厚手のソックスを持っていきましょう。実際、ゲレンデで滑る時は防寒対策ということもあり厚手のソックスを履くことが多いですのでその状態の足に合わせて、ブーツのサイズやフィット感を確認しましょう。


スノーボードブーツのフィッティング時のチェックポイント

・自分の足の幅にフィットしているか確認する。メーカーによっては幅が狭いタイプもありますので、履いたときに違和感がないものを選ぶ。

・かかとのフィット感を確認する。かかとがゴソゴソだとそれは合っていません。

・つま先の具合を確認する。つま先はあまりすぎていても、指が曲がるほど窮屈でもいけません。

・全体的に痛いところや、違和感がないか確認する。フィッティングをしたら膝を曲げたり、歩いたりしてみて全体を確認しましょう。


スノーボードブーツの特徴

スノーボードのブーツには各メーカー、モデルともにそれぞれの特徴があります。硬さ柔らかさも多種多様で、滑りのスタイルによっては硬さ選びも重要です。またインナーのフィット感をより追求する人にはサーモインナーがおすすめです。DEELUXE(ディーラックス)というメーカーはインナーに熱を加えることで足の形に成形する技術を持っています。つまり自分の足をかたどったインナーが使えるというわけです。フィット感は抜群になりますが、使い込むにつれ、自分の体温で少しずつ型崩れがすることもありますのでメンテナンスをマメに行いましょう。

このようにスノーボードのブーツを選ぶときはいろいろフィッテングし、自分の足に合ったものを選ぶようにしましょう。


今回のまとめ

  • スノーボードブーツの種類
  • スノーボードブーツの選び方
  • スノーボードブーツのフィッティング時のチェックポイント
  • スノーボードブーツの特徴
スポンサーリンク