スノーボードのデッキパット

スノーボードのデッキパット

スノーボードにもいろいろな小物アイテムがあります。今回は、その中でもデッキパットについて説明していきます。


デッキパットとは

スノーボードにおいてデッキパットというキーワードは必ずでてきます。

SALOMON(サロモン) デッキパッド STOMP PADS デッキパット スノーボード スノボ 滑り止め 円形 Free CLEAR s-stomp-pads-L38111000-CLEAR

デッキパットとは板の上に装着したビンディングとビンディングの間に両面テープなどで貼り付けるゴム製のものや硬い突起物のことを指します。

スノーボードでは滑走の際、後ろ足になる方はたびたび、ビンディングからはずして前足になるほうだけを装着した状態で移動したり滑ったりすることがあります。

その時にはずした方の足は板の上に固定しないで乗せた状態ですので、ブーツをつるつるとした板の上に乗せたときに足が滑らないようにするための滑り止めのことをデッキパットと言います。


デッキパットの必要性

デッキパットは初心者の人ほど必要になってきます。

スノーボードのシーンでは前記でも述べたように、後ろ足をビンディングから外す場合がたびたびあります。

傾斜のない平らな雪面を移動するときや(スケーティング)、リフトに乗るときなどは前足だけをビンディングに固定して、後ろ足はビンディングからはずします。

そして後ろ足で雪面を蹴って板を滑らせ、滑り出したら板の上に乗せます。

その時、デッキパットがないとつるつると滑り、とても不安定でバランスが取りづらく転んだりします。

そんなとき、デッキパットがあれば、ブーツをデッキパットの上に乗せることができるので、足に力が入り安定感が生まれます。

リフトに乗って、降りるときは特にリフトに押されながら立ち上がり、板をまっすぐにして片足だけ固定した状態で滑り降りなければなりません。

リフト降車時バランスが崩れて転んでしまうと、後ろからどんどんリフトがあがってくる焦りと、滑り降りやすいように硬くならしている雪面にお尻を打ちつけた痛みでパニックになってしまいますので、リフトではなおさらデッキパットの有無が重要になってきます。


デッキパットの選び方と貼るときの注意点

デッキパットといってもいろいろな種類が売られています。ごつごつとした存在感のあるゴム製のものは安定感がありますが、見た目はちょっとという人は凹凸が少なめのものでもいいでしょう。

一枚で形成されているタイプや小さいものをいくつも貼るようなタイプもあります。

スノーボードはかっこよさも際立つスポーツですので、自身の板にあったスタイルのものを選びたいものです。

デッキパットを貼るときは、位置に注意しましょう。

後ろ足を外した状態で板に乗せたとき、足の感覚が狭すぎる位置に来ては踏ん張りがきかなくなってバランスを保ちにくいです。

ですので、前足のビンディングよりではなく、後ろ足のビンディングのすぐ近くに貼るぐらいがちょうどいい幅になってきます。

一度貼ってしまうと貼りなおしがしにくいので、最初が肝心です。

中級以上になってくると、デッキパットを貼らなくても、後ろ足のビンディングに足の外側を戸摺りつけるような感じでバランスをとれるようになってきます。

それぐらいの状態になるまでは、デッキパットは必需品といっても過言ではないでしょう。


今回のまとめ

  • スノーボードのデッキパット
  • デッキパットとは
  • デッキパットの必要性
  • デッキパットの選び方と貼るときの注意点
スポンサーリンク