スノーボードのフェイスマスク

スノーボードのフェイスマスク

フェイスマスクの必要性

スノーボード をするとき、フェイスマスク やネックウォーマーをしている人をよく見かけます。

ネックウォーマーは首元を寒さから守り、かつ、顔の鼻の部分まで隠すことができるので、日焼けと寒さ対策の両方ができます。

フェイスマスクというのは三角斤のようなもので紐を頭の後ろで結んだり、マジックテープがついていたりします。

その目的は首の寒さ対策というより(首はあまり隠れません)顔の日焼けや寒さ、風対策といった場合が多いです。

フェイスマスクにはファッショナブルなものが多く、ゴーグルやウエアとコーディネイトをして楽しむこともできます。


フェイスマスクはレディースボーダーにはマストアイテム

女性のスノーボーダーにはフェイスマスクは必需品といえます。

防寒、防風にはもちろんですが、なんといっても日焼けはお肌の大敵です。

しかもフェイスマスクをしないで日焼けしてしまうとゴーグルの型がついてしまうので、目の周りだけ白く鼻から下が焼けてしまうということになるからです。

意外にも雪国は乾燥しています

スキー場でクチビルが乾燥で荒れたという経験はありませんか?

雪があると湿度が高いように感じますが、意外と乾燥していることが多いので露出していると肌が荒れてしまう場合もあります。


フェイスマスクの種類

フェイスマスクにはネックウォーマーのように筒状になったタイプや、三角斤のようなタイプニット帽と一体のタイプフードと一体のタイプというようにバラエティに富んでいます。

装着の仕方はいずれも簡単ですが、三角斤タイプは後ろの結び目をニット帽の中にしまったり、ゴーグルのバンド部分にはさんだりといろいろな装着の仕方ができます。

その日の気分で色や柄の違うものを使いわけるのもいいでしょう。

ニット帽とフェイスマスクが一体になっているのは、とても優れた品です。

ニット帽が脱げないかぎりフェイスマスクだけ外れて落とすということがありません。

同じようにフードと一体のタイプもフードが外れないかぎりフェイスマスクだけが脱げることがありません。

さらにフードと一体タイプは、フードの中にニット帽をかぶることができるので、とても保温性があり顔まわりを暖かく保つことができます。

このフード一体タイプは、近年ウエアの中に大きめのパーカーを着て、パーカーのフードをあえて被ったり、ジャケットの裾からパーカーを少し見せるというオシャレなコーディネートが流行った際、ウエアの中にパーカーを着るとゴワゴワして滑りにくいという声から生まれたものです。

実際ウエアの中にパーカーは着ていないのに、フードがあることで着ているように見せオシャレ感を演出できるという優れ物です。

暖かいスゥエット地やフリースの素材で作られているタイプのものはとても暖かく、重宝します。

スノーボードの小物はとてもファッション性の高いアイテムが豊富に販売されていますので、フェイスマスクをいくつか所有して、コーディネートを楽しむとゲレンデでひと際目立てるかもしれませんね。


今回のまとめ

  • スノーボードのフェイスマスク
  • フェイスマスクの必要性
  • フェイスマスクはレディースボーダーにはマストアイテム
  • フェイスマスクの種類
スポンサーリンク