スノーボードのゴーグルについて

sunobo-gouguru

ゴーグルの必要性】

スノーボード をするときに ゴーグル をつけている人はたくさんいます。特に中上級レベルになってくると、つけていない人はほとんどいません(最近ではサングラスの流行はありますが)

なぜ、ゴーグルをするのかその必要性について考えてみましょう。

雪山は天候の変化が激しいところです。

さっきまで晴れていたのに急に雪が降ってきたなんてこともよくあることです。

晴れているときは雪面が太陽の光に反射してとても眩しいです。
そんな状況でレンズを通さず雪面を見ながら滑り降りるのはとても危険ですし、なにより滑りにくいです。

また雪が降っているときはどんよりした空の下降っている雪と雪面との境目が非常に見にくいですし、雪が顔にあたって目があけられないとう状況もあります。

そんな様々な状況下でスノーボードを楽しむためにはゴーグルはなくてはならないものなのです。

初心者の人は滑るより転ぶほうが多く、ゴーグルに慣れていないので見ずらく煩わしく思いがちですが、それでもゴーグルをつける癖は初めからつけておいたほうがいいでしょう。


【ゴーグル選びのコツ~レンズの色~】

ゴーグルを選ぶために重要なレンズについて知っておきましょう。

レンズの色はいくつか種類があります。種類によって特徴が様々ですのでオールラウンドで使えるものを選ぶことが重要です。

ミラーレンズ・・・正面から見ると鏡のようですが、内側から見るとしっかり視界は確保できます。ミラーレンズの良さは快晴のときに発揮します。
目もあけられないような快晴のときの雪面はキラキラしていてとても眩しく肉眼で滑ることはとてもストレスになります。
そんな天候のときミラーレンズをつけていると視界がとてもクリアで滑りやすさは抜群です。
反対にくもりや雪のときはミラーレンズはおすすめできません。

光を反射してしまいより視界が悪くなることがあります。

オレンジやピンクのレンズ・・・一般的に普及しているレンズカラーです。快晴のときでも悪天候のときでも視界を確保してくれますのでオールラウンドタイプと言えるでしょう。
初めてゴーグルを選ぶときはオレンジやピンクのレンズをおすすめします。

クリアレンズ・・・その名の通りクリア=透明ですので、晴れているときはゴーグルの効果がありません。反対にくもりや雪のときは色がついたレンズよりも格段に見やすく、雪面の凹凸まではっきり見えて滑りやすくなります。


【ブランドで選ぶ】

ゴーグルを扱っているブランドはさまざまです。

スノーボードの老舗ブランドやアイウエア事業でシェアの高いブランド、ファッション性の高いアパレルブランドなど多数ありますので、機能性、価格、デザインを考慮し自分にあったブランドのものを選びましょう。

ゴーグルは顔にフィットするかどうかも重要ですので、日本人の顔に合った設計をしているブランドを選ぶのもおすすめです。

またブランドによっては後ろのゴムのところにジョイントの金具がついているものとついていないものがあります。

装着のしやすさもそれによって変わってきますので隅々までチェックして選びましょう。


【まとめ】

ゴーグルはスノーボードをするためには必要不可欠なアイテムです。レンズや操作性、デザインなども考慮し長く使えるものを選びたいものですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です