スノーボードの板選び。あなたはどのスタイルかな?

スノーボードの板選び。あなたはどのスタイルかな?

スノーボードの板を自分で初めて購入する際、板の長さ、選びかたに注意をしましょう。ボードの長さというのは身長によって選びがちですが、実はボード自身の性能や構造、それと基本的には体重が重要になってきます。モデルごとに構造が違いますので、ボードのスペックの推奨体重幅というものを参考にするといいでしょう。そのほかのポイントは滑りのスタイル、ブーツの大きさやビンディングの大きさ、滑走レベルによっても変わってきます。長めの板だとスピードが出たときの安定性があり、短めの板はトリックをするときなどの取り回しのしやすさ、操作性がよいという利点があります。


スノーボードの板の長さ

スノーボードの板を選ぶとき重要視するのが、長さです。一般的に自分の身長マイナス15㎝と言われていますが、身長によって少し変わってきます。身長が180㎝前後の人であれば身長マイナス20㎝、身長が170㎝前後の人であれば身長マイナス15㎝、150センチ前後の人は身長マイナス10㎝ぐらいが目安の長さです。


板の長さは身長だけではなく滑るスタイルも重要

スノーボードの滑り方にはスピードを追求するフリーランスタイル、ジブといってレールやボックスなどの人工物を対象に板を擦りつけるスタイル、ジャンプ台やハーフパイプなどで飛んで空中で板を回転させるパークスタイル、ゲレンデ内を滑走中に板を回転させたりジャンプするなどのグランドトリック、圧雪していないパウダースノーを求めるスタイルなどさまざまな遊びかたがあります。板を選ぶ際、自分がどんな滑りのスタイルを求めているかによっても選ぶ板の長さが重要になってきます。

スピードを求めるときは平均的な長さより少し長めの板を選ぶと、スピードがでたとき安定性があり転倒しにくくなります。ジブやパーク、グランドトリック(グラトリ)などを楽しむ場合は少し短めの板が好まれます。板を回転させるとき短い方が取り回しがしやすく、技やトリックなど決めやすいからです。しかし、短い板でスピードを出すと板がバタバタと不安定になりますので、板を抑え込む(踏ん張る)力がより求められます。圧雪のしていない、パウダースノーや急斜面のオフピステ(非圧雪面)を滑るときは長めの板が活躍します。圧雪をしていないということは、雪の中に板が沈んでしまいますので、雪に接している面積が大きいほど浮遊感が味わえよりパウダースノーが楽しめるというわけです。


初心者の人はオールラウンドの板をチョイス

スノーボードを始めてまだ間もないという初心者の人は、自分がどんなスタイルを求めているかもまだわからない状態かもしれません。そんな場合は平均的な身長にあった長さのオールラウンドモデルというものを選びましょう。いろいろなことに挑戦していくのは、ある程度のスキルが備わってからのほうが上達も早いのでまずはフリーランを安定して滑れるように適正な長さの癖のないモデルの板を選ぶことをおすすめします。


今回のまとめ

  • スノーボードの板選び。あなたはどのスタイルかな?
  • スノーボードの板の長さ
  • 板の長さは身長だけではなく滑るスタイルも重要
  • 初心者の人はオールラウンドの板をチョイス
スポンサーリンク