スノーボードでカービングターンをマスターしよう

スノーボードでカービングターンをマスターしよう

スノーボードを始めて、ターンと練習していくと思います。木の葉(横滑り)に始まり慣れてくるとスライド(ドリフト)ターンへとなる方が多いのではないでしょうか。カービングターンと聞くと難しく思いますが、カービングターンをマスターすればグラトリやパークなどいろんな場面で活用できます。それに、滑り方がきれいになるので見ててかっこいいですよね。


カービングとは

スノーボードでカービングというのはターンするときの滑り方のことを言います。カービングターンは体を板のエッジに乗せて、エッジをズラすことなくターンすることです。板をスライドさせてターンするときよりも、カービングターンはスピードのロスが非常に少なく、ターンをするたびに加速していきます。アルペンスノーボードの人がターンをするとき、体は雪面ぎりぎりまで倒し、細いエッジ部分だけが雪面に着いているくらいの角度で、ターンするたびにスピードに乗っていきます。究極のカービングターンですね。フリースタイルの板ではそこまでなりませんが、フリーランでスピードに乗って滑るときはカービングターンができなければなりません。カービングができているか確認するのに手っ取り早い方法は、自分の滑った跡型、ラインを見ることです。ラインが1本の線になってキレイな孤を描いていればカービングターンがキレイにできている証拠です。逆にラインが太くなったり、細くなったりまばらな場合はカービングができていないということです。カービングができるようになれば、スピードコントロールも意のままですし、どんな斜面でも滑ることができます。


カービングでエッジを立てる(角付け)方法

角付けとはエッジを立てることを言いますが、ではその角付けをする方法はどうしたらいいのでしょうか。角付けにはヒールサイドトゥサイドがあります。ヒールはカカト、トゥはつま先ですね。ヒールサイドの場合はターン中にからだを内側、つまり体が倒れている方により倒すことがコツです。ビンディングのハイバックに寄りかかり、体を倒していくイメージを持ちましょう。どうしても体があまり倒れないという人は前方の手でターンの内側の雪面を触るくらい、またはお尻が雪面につくぎりぎりのところまで倒すと意識するといいでしょう。トゥサイドターンの場合はカカトに体重を乗せるため、体は前に倒れるような角度になります。重心をつま先に集中し、このときもまた膝が雪面につくくらい、後方の手で雪面を触るくらい倒すことを意識しましょう。ヒールサイド、トゥサイド両方がまんべんなくできるようになれば、ターンの大きさをコントロールし、リズムよく滑ることができるようになります。


カービングを最大限活用する

カービングができるようになればいろいろな場面で応用がききます。たとえば、雪面がぼこぼこと荒れている場合や片斜面といって一枚バーンの広いコースではなく狭く、両サイドに斜面が迫っていたりする場合があります。そんなコースではカービングテクニックがとても活用できます。コースの向き、斜度、サイド斜面の向きなどカービングができなければ、ターンをして降りられないということになりかねませんので、カービングはしっかり練習して、体に染みつかせておくことが大切です。またカービングはジャンプ台のアプローチなどでも必要になってきますので、スノーボードでいろいろな遊びをしたいと思っている人はなおさら必要不可欠な技術ですね。


今回のまとめ

  • スノーボードでカービングターンをマスターしよう
  • カービングとは
  • カービングでエッジを立てる(角付け)方法
  • カービングを最大限活用する
スポンサーリンク