スノーボード!レンタル利用するときのポイント

sunobo-rentaru

スノーボードでレンタルできるアイテム

スノーボード は道具を揃えるのに、ある程度まとまった費用が必要なスポーツです。始めたばかりのときは道具の レンタル を上手に活用して、購入するときの参考にするといいでしょう。

レンタルできる道具は小物意外ほぼレンタルすることができます。なんといってもまず必要なのがスノーボード板とブーツ、それに板と足を固定するためのビンディングです。スノーボード板はたいていビンディングとセットになっていますので、まず、足のサイズを確認しブーツをレンタルしてそのサイズにあったビンディングとスノーボード板のセットを借りましょう。

スノーボードは雪山で寒い状況でのスポーツですので、防寒着も必要です。スノーボードのウエアもレンタルにありますので、ウエアもレンタルする場合は大きな荷物はなく、とても身軽でスキー場にいくことができます。


レンタルの料金相場

スノーボードのレンタルは、スキー場はもちろんのこと、ゲレンデ近くのショップでも借りることができます。料金設定はさまざまですが、スノーボード板、ビンディングとブーツの3点セットで2000~3000円くらいが多いようです。

ウエアはジャケットだけを借りるのか、パンツだけなのか、上下ともなのかによって金額は変わってきますが、だいたい2000~4000円くらいが目安です。

ゲレンデから遠いスノーボードショップでレンタルする場合は、ゲレンデ内でレンタルするよりも比較的安価なことが多いです。またゲレンデまでの交通手段をツアーバスなど利用する場合は、ツアー代金に含まれたり、割引が受けられる場合がありますので、参加するツアーの詳細をよく確認しておきましょう。


スノボレンタルのときの注意点

スノーボードの板やブーツ、ウエアなどをレンタルする場合、必ず必要になってくるのが身分証明書です。

レンタルをする場所ですが、ゲレンデ内のレンタルショップは混雑する場合があります。
土日祝などはやはり、ゲレンデの来場客数は多いのでレンタルする人の人数も増えます。

レンタルをするのに1時間以上もかかってしまって、気が付いたら滑り始める時間が10時ごろになっていた、なんてことはよくありますので、道具類をレンタルする場合はなるべく朝早めに準備をして、道具を借りておくことをおすすめします。

繁忙日などでかなりの混雑があった場合は、出遅れると借りる道具もなくなってしまうこともありますので注意しましょう。そういう状況にならないために、レンタルをゲレンデまでの道中で済ませておくのも手です。

ツアーバスの場合はできませんが、自家用車で行く場合は事前にゲレンデ近くのショップをリサーチしておきましょう。※その際営業時間の確認も忘れずに。

スキー場のリフトが動き出すのは7時~8時がもっとも多いので、それに間に合うように行くとなると夜中に出発することもあります。

まだ暗いうちでも、ゲレンデの近くのレンタルショップは開いている場合もありますので、ゲレンデ内での混雑が予想されるようなときは利用することをおすすめします。


今回のまとめ

スノーボード!レンタル利用するときのポイント
スノーボードでレンタルできるアイテム
レンタルの料金相場
スノボレンタルのときの注意点

スポンサーリンク