スノーボードでグラトリに挑戦しよう

スノーボードでグラトリに挑戦しよう

スノーボードグラトリというのはグランド(コース上)トリック(技)をすることを総称してグラトリと言います。トリックには簡単なものから難易度の高いものまで幅広くあります。

グラトリをかっこよく決めるにはとにもかくにも基本が大切です。グラトリの基本についてご紹介します。


オーリーをマスターする

グラトリで安定したかっこいいトリックを決めるためには、オーリーをしっかりと身につけておかなければなりません。オーリーはボードをしならせた反動で跳ね上がる動きのことで、ジャンプ台でトリックをするときやグラトリをするときなど、さまざまなシーンで必要な技術です。このオーリーがキチンとできていないとトリックは完成しませんのでしっかりマスターしておきましょう。オーリーは平らな場所で練習をします。まず板の中心に乗り、膝を曲げ姿勢を低くした状態から、後ろの足に体重を移動させ前方の肩を上に強く引き上げます。その反動で板のノーズ(板の後方)をしならせるイメージで後ろ足を蹴り浮かせます。そしてノーズが浮いたら次は後方の肩を引き上げ、後ろ足を持ちあげます。空中でノーズとテール(板の前方)を平行にし、より高く板を引き上げ膝を使って柔軟に着地をします。これができるようになれば様々なトリックに活用できます。


ノーリー、プレスを覚える

グラトリではオーリーと同じくらい、ノーリーという技術も必要です。ノーリーとはオーリーとまったく逆のことをします。このとき、前足を支点にしますので、頭が下がりすぎたり、傾いてしまうとバランスを崩してしまいますので注意が必要です。オーリーもノーリーも力を入れすぎず、軽い力の反動でボードをしならせることがポイントです。

プレスにはノーズプレスとテールプレスがあります。ノーズプレスは前足に重心を乗せて、テールを浮かせその状態をキープするというトリックです。テールプレスは逆に後ろ足に重心を乗せてノーズを浮かせ、その状態をキープします。オーリー、プレスは基本ですので、どちらのパターンも難なくこなせるようにしておきましょう。


初心者向けのグラトリ

基本のオーリーやプレスができるようになれば、いよいよ回転技のグラトリを練習しましょう。まず最初にマスターしたいのはボードを180度回転させる、180(ワンエイティ)にチャレンジしてみましょう。

180はフロントサイド180とバックサイド180という2パターンがあります。フロントサイドというのは後ろ足を体の正面を通過して回転させることをいいます。バックサイドとは後ろ足を体の背面を通過して回転させます。180が回せるようになってきたら、一回転する360(スリーシックスティ)、一回転半まわす540(ファイブフォーティ)など難易度の高いものにもチャレンジしましょう。


グラトリをするうえでの注意点

グラトリは基本的にコース上で行います。コースには普通に滑っている人がたくさんいますので、周りへの配慮がとても大切です。グラトリをすると普通に滑っている人からみれば、予想外の動きになります。

トリック後に接触事故を起こすことが多々あります。グラトリをするときは前方、後方に人がいないかをよく確認し、なるべく邪魔にならないところで楽しみましょう。


まとめ

  • スノーボードでグラトリに挑戦しよう
  • オーリーをマスターする
  • ノーリー、プレスを覚える
  • 初心者向けのグラトリ
  • グラトリをするうえでの注意点
スポンサーリンク