スノーボード初心者のために

スノーボード初心者のために

スノーボードの装着の仕方

スノーボードを足に装着するにはビンディングという板に足を固定するアイテムの操作方法を覚えましょう。

ビンディングは滑る時の板の進行方向側の足から固定します。踵をしっかりとビンディングのヒールカップにはめ込み、2つのストラップ、アンクルストラップ→トゥストラップの順にラチェットで締めていきます。

ビンディングにはリフトに乗るときは後ろ足になる方を外して乗ります。

ですから基本的に前足になる方は完全に板から両足をはずすとき以外は常に装着していることになります。

後ろ足も前足同様の方法でビンディングに固定します。

突き指になってしまった時の処置の方法




スケーティングの方法

リフトに乗るときや平地での移動の際、前足だけをビンディングに固定し、後ろ足はビンディングから外し、スケーティングという方法で移動します。

まずは自分の進みたい方向にボードの先端(ノーズ)を向けます。

スケーティングのときエッジはフラットに保ち、進みたい方を目で見ながら後ろ足で雪面を蹴り、板が進みだすと体重はボードの中心に意識しながら後ろ足を雪面から離し、ビンディングとビンディングの間のスペースに乗せます。

このとき後ろ足を乗せるあたりに滑り止めのデッキパットを付けておくと安定します。

怖いからと言って下を向いてしまうと前傾になってしまいバランスを崩してしまうので、目線はなるべく前を向くように心がけましょう。

慣れてきたらスピードをつけてスケーティングの練習をするといいでしょう。

このスケーティングはリフトを降りるときにも非常に重要ですので、初めのうちにマスターすることをおすすめします。

突き指になってしまった時の処置の方法


両足を固定して斜面で立ってみよう

スケーティングができるようになれば、リフトに乗ってコース上部に行くことができます。

初めは斜度の緩やかな初級コースで練習をしますが、なにはともあれ両足を固定した状態で立てなければなりません。

まずは平地で立ちあがるコツを覚えましょう。

両足を固定したら両膝を立て体育座りのような態勢になり、両手を雪面と垂直にします。

そして両腕で雪面を押しその反動で立ちあがります。

立ち上がることに成功すれば上半身でバランスをとりぐらぐらしないように保ちます。

平地でできるようになれば少し斜度のあるところで練習をしましょう。

斜面では立ちあがったときにボードが勝手に進みだすことがありますので、ボードは斜面に対して真横に向け、ヒールエッジ(踵のほうのエッジ)で雪面を踏み込みバランスを保ちます。

突き指になってしまった時の処置の方法


スノーボードの止まり方

両足を固定した状態で立つことに成功したら、次は止まり方をマスターしておきましょう。

滑り出したボードを自分の意思で止めることができなければ、スノーボードを安全に楽しむことはできません。

ボードをまっすぐにして滑りだし、怖いからと言って上体が後傾になるとボードはさらに加速していきます。

まずは重心をボードの中心に置くことを心がけましょう。

そして重心が安定するようになってきたら少し滑ってヒールエッジに体重をかけボードにブレーキをかけます。

スピードがでてきたら、さらに膝を曲げてヒールエッジに体重をかけるとより強くブレーキがかかります。

このとき間違ってもトゥエッジには加重しないでください。

逆エッジといって危険な転び方をしてしまいます。まずは斜面で少しずつ滑っては止まり、滑っては止まりを繰り返し、ボードをコントロールすることに慣れていきましょう。

突き指になってしまった時の処置の方法


今回のまとめ

  • スノーボード初心者のために
  • スノーボードの装着の仕方
  • スケーティングの方法
  • 両足を固定して斜面で立ってみよう
  • スノーボードの止まり方
スポンサーリンク