トレッキングなう!

trekking

最近になり、いっきに勢力を増して来た『トレッキング』。アウトドア・ショップに行けば、トレッキングシューズとか、トレッキングウェアとか、たくさんあります。


【トレッキングと登山・ハイキングのちがい】

トレッキング=Trecking、登山が「山登り」なのに対し、トレッキングは「山歩き」。登山がとにかく頂上(上)を目指すのに対し、トレッキングは特に上にこだわらず、麓だけを散策して歩いてもかまいません。

富士山に登るのは登山、尾瀬を歩くのはトレッキングです。

もうひとつ。明確な違いに、最近気がつきました。

Twitterで「トレッキングなう^ ^」と打つ人はけっこういても、「登山なう^ ^」と打つ人はほとんどいません。なんなんでしょうね。この違い。

では、ハイキングとの違いは?

これは、『ハイキング』のところで少し触れましたが、英語圏では、「Trecking」も「Climing」も、「Hiking」のカテゴリーに属しています。本来は、ハイキングの方が立場上は偉いのです。

会社で言えば、部、と、課、あるいは係ほどの差。ハイキング部長直属の部下として、登山課長、トレッキングは主任くらいと考えればよろしいでしょうか。平社員は、言うまでもなく「徒歩通勤」です。

今日から堂々と「ハイキングなう^ ^」と打ちましょう。


【気楽でもナメたらあかん】

一般的に、トレッキングは登山よりも気楽なものと考えられがちです。

が、麓であろうと山は山。気候も違えば、待ち受けている自然も違います。

六本木に熊出没とか、あまり聞かないでしょう?

トレッキングでは、基本、登山と同等の「危険性」が伴います。

一番は、やはり天候。

アウトドアショップで、トレッキングシューズ、トレッキングウェアと買いそろえて、キメている人でも、着替えを持っていない人が多いことには驚かされます。

朝、自分の家の周りが晴れているから、あるいは、朝方のテレビで奇麗なお天気お姉さんが目的地の天候を「晴れときどき曇り」と言ったからといって、油断してはいけません。

山の天気は、たとえ麓であったとしても、変わりやすいのです。

あるいは、道に迷って思わぬ時間をくってしまったら?

自然を相手にする限り、自然をナメてはいけません。

トレッキングするなら、最低限、レインウェアと着替えは持つよう心がけましょう。


【トレッキング族に流行り始めたジオキャッシング】

登山には、頂を征する悦びがありますが、トレッキングはそうしたものはありません。

ひたすら自然に親しみ、景観を満喫し、ひいては健康を促進するのが目的です。

それでは、あまりに達成感がない、というので最近、世界中のトレッキング族に流行り始めているのがジオキャッシングです。

詳しくはハイキングのところで、解説していますが、ようするにスマホを使ったハイテク「宝探し」。隠すのも探すのもトレッキングしているプレイヤーなので(特に山とも限らない)、せっかく自然の中に行くのですから、最高に楽しい目標ができます。

参加はもちろん無料。トレッキングするなら、ぜひ一度、「ジオキャッシング」で検索してみてください。

トレッキングが、いっそう愉しくなることウケアイですよ!

ジオキャッシングなう^^」

なんかカッコイイ。


今回のまとめ

トレッキングなう!
トレッキングと登山・ハイキングのちがい
気楽でもナメたらあかん
トレッキング族に流行り始めたジオキャッシング

スポンサーリンク